令和の野球探訪BACK NUMBER

「こんな選手がいたのか!」21世紀枠の“超天然素材”前田銀治が秘める無限大の可能性《ドラフト・11球団から調査書》 

text by

高木遊

高木遊Yu Takagi

PROFILE

photograph byYu Takagi

posted2021/10/04 06:00

「こんな選手がいたのか!」21世紀枠の“超天然素材”前田銀治が秘める無限大の可能性《ドラフト・11球団から調査書》<Number Web> photograph by Yu Takagi

稲木監督が「超天然素材」と呼ぶように、高校生らしいハツラツとしたプレーを見せる前田銀治。センバツでの活躍でたちまちドラフト候補の1人になった

「みんなが緊張して朝食が喉を通らない中、前田だけは“おかわりお願いしまーす”なんて感じで、いつものようにたくさん食べていました(笑)」(稲木監督)

「試合が楽しみで仕方なかったんです。みんなは緊張していたけど“だって、小さいころから憧れた甲子園に、今日の昼からやっとプレーできるんだよ。なんでワクワクしないの?”と思っていました」(前田)

 試合を振り返る様子も、帰宅して両親に今日の活躍を自慢げに話す野球少年のようだ。

「気持ち良かったです! 人生の中で一番楽しい出来事でした。(フェンス直撃の一打は)ライト線にパパパーンって抜けて行くゴロを打ったと思っていたので、ファーストベース回って“えっあんな飛ぶんだ”って一番僕が驚いていました(笑)」

 また、あの時に二塁で止まっていたら今の前田は無いかもしれない。三塁まで駆けたからこそ、「おお!」と多くの人に思わせた。その場面について振り返っても笑顔が弾ける。

「中学の時に左中間に抜けて行く打球を打ったんですが、二塁あたりで悩んで二、三塁間で挟まれたことがあったんですよ。その経験があったからパッと瞬間的に“これで止まったらあの日と同じで何も成長してないぞ”って浮かんだんです」

【次ページ】 「ポテンシャル高い」11球団から調査書

BACK 1 2 3 4 NEXT
前田銀治
三島南高校
稲木恵介

高校野球の前後の記事

ページトップ