Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<引退ドキュメント>
稀勢の里「最後の三日間」

posted2019/02/05 06:00

 
<引退ドキュメント>稀勢の里「最後の三日間」<Number Web> photograph by Takashi Shimizu/JMPA

text by

田井弘幸

田井弘幸Hiroyuki Tai

PROFILE

photograph by

Takashi Shimizu/JMPA

 時代と国民が求めた第72代横綱が土俵を去った。
 遅すぎた。もっと見たい。引き際に賛否が渦巻く。
 最後の三日間から見えた寡黙な横綱の心身の葛藤を、入門当時から取材を続けてきた記者が描いた。

 東京都内で稀勢の里が一人で暮らすマンション高層階の部屋からは、天気が良い日は東京スカイツリーがくっきりと見える。その向こうには、うっすらと富士山までがそびえる。青空に溶け込んだ景色は見とれるほどに美しく、思わず小さく手を合わせる時もあるという。「晴れている日は本当にきれい。朝は必ずといっていいほど、窓から見ている」と言ったのは、昨年12月下旬のことだ。土俵人生の岐路に立たされていた日本出身横綱の一日は、日本が誇る頂への静かなる願いから始まっていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4024文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

稀勢の里

相撲の前後の記事

ページトップ