濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

デビュー2戦目タイガー・クイーンに「マスクはぎ」の洗礼…それでも令和の“虎ハンター”を攻略したパワーとオリジナリティ 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byNorihiro Hashimoto

posted2021/09/15 11:01

デビュー2戦目タイガー・クイーンに「マスクはぎ」の洗礼…それでも令和の“虎ハンター”を攻略したパワーとオリジナリティ<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

9月5日のデビュー第2戦にて、対戦相手の佐藤綾子に初代さながらのローリングソバットを見舞うタイガー・クイーン

佐藤「マスク破ったら次呼ばれなくなるかな」

 ただこれは精神的な揺さぶりのためで、本気でマスクをはごうとは考えていなかったようだ。

「クイーンの正体が気になったんですけど、ディアナとストロング(スタイルプロレス)さんの提携1戦目なので。マスク破ったら次呼ばれなくなるかなとか、ちょっと思っちゃって」

 佐藤の性格がよく分かるコメントだ。そこで隙を見せたら、すかさずローリングソバットが飛んできたという。デビュー戦と同じくサマーソルトキック、旋回式のクロスチョップも鮮やかに決まった。コーナーから場外へのラ・ケブラーダは初披露だ。

 大技をたたみかけ、フィニッシュはやはりタイガースープレックス。その直前に出したジャーマンスープレックスも見逃せない。体重を前に預けた状態の佐藤を強引に投げ捨てる、いわゆる“ぶっこ抜き”の一発だった。

 ラフファイトには苦しみながらも、ベテラン相手に“自分の形”にきっちり持ち込んでの勝利。ケブラーダやぶっこ抜きジャーマンと、オリジナリティのある技を出したことも印象的だった。初代さながらの動きを見せるだけではコピーで終わってしまう。いかに独自色、クイーンならではの魅力と個性を打ち出すかもポイントだろう(女性版タイガーというだけでも相当な個性ではあるが)。

「あんな未知の選手は他にいない」

 試合後、佐藤が語ったクイーンの印象は「一言でいうと力強かった」。確かに、ぶっこ抜きジャーマンは背筋の力をはじめ相当なフィジカルがなければできない。それ以外にも、実際に組み合うことで感じたパワーがあったということだろう。空中殺法が得意ではあるが“華麗”なだけではないのだ。

 また佐藤は「想像の上をいく動きでした」とも。デビュー戦の映像も初代タイガーの映像も見て、技を予測していたのに「受け切れなかった」という。

【次ページ】 今回もノーコメント…“謎”が魅力になっている

BACK 1 2 3 NEXT
タイガー・クイーン
ストロングスタイルプロレス
佐藤綾子
ディアナ

プロレスの前後の記事

ページトップ