Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[マリナーズ投手陣が明かす]スーパーマン大谷の抑え方

posted2021/09/10 07:00

 
[マリナーズ投手陣が明かす]スーパーマン大谷の抑え方<Number Web> photograph by Koya Okada(illustration)

text by

小西慶三

小西慶三Kezo Konishi

PROFILE

photograph by

Koya Okada(illustration)

マンガ的打棒を振るうヒーローをいかに抑えるのか? ア・リーグ西地区で対峙するライバルのなかでも、再建途上のマリナーズが意外に分が良いという。大谷封じに成功する理由をシアトルに訊ねた。

 打者・大谷翔平を抑える手段はあるのだろうか。結論から書くと、現状では見当たらない。本来なら大谷を強力にバックアップしていたはずの主砲マイク・トラウト、ベテラン強打者アンソニー・レンドンがシーズンの大半を欠場しているにもかかわらず、両リーグ最多の本塁打42、同2位のOPS.986(今季の成績は8月31日時点)が今季の打者・大谷を止める難しさを示している。

 オールスター以降はOPS.821と一時の爆発力が消えているが、去年の60試合制から2.5倍以上長くなった今季公式戦では、ライバルたちにも故障や疲れが原因と思われる成績低下が目立つ。たとえばリーグMVPレースで有力対抗馬のブラディミール・ゲレーロ・ジュニア(ブルージェイズ)も後半はOPS.794と前半から.300前後も落とした。7月から投手としての成績が大きく向上していることを含めると、大谷の相対的なマイナス面は少ない。もしトラウト、レンドンが健在だったなら、大谷の投打での負担はもっと少なくなっていたはずだ。そのとき彼は、いったいどんな数字を叩き出していたのか。

 一方で、その被害を小さくする方法はあるかもしれない。各球団バッテリーが頭を悩ますなか、一定の成功を収めているのがマリナーズだ。2001年からプレーオフ進出がなく、米3大プロスポーツ界でポストシーズンを最も連続して逃し続けている不名誉球団。しかも大谷がメジャー入りした2018年を除けば再建まっ只中にあるチームがなぜ、と感じる人は多いだろう。だがここまで4シーズンで、こと「大谷封じ」に関しては上々の結果を残している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3211文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平 旋風を超えて。

Sports Graphic Number 1035

大谷翔平 旋風を超えて。

 

関連記事

大谷翔平
シアトル・マリナーズ
マルコ・ゴンザレス
クリス・フレクセン
ジャスティス・シェフィールド

MLBの前後の記事

ページトップ