SCORE CARDBACK NUMBER

グラスゴーで“幻影”と勝負? 地元記者も大注目の古橋亨梧。

posted2021/08/16 07:00

 
グラスゴーで“幻影”と勝負? 地元記者も大注目の古橋亨梧。<Number Web> photograph by Getty Images

古橋はリーグ開幕戦で後半34分から出場もチームは黒星。4年契約、背番号8という数字も期待の大きさを物語る

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Getty Images

 グラスゴーの新聞記者から久しぶりに連絡がきた。「元気か」も「久しぶりだね」もなく「キョウゴってどうなの?」という言葉に始まり、矢継ぎ早に質問をされた。

 セルティック担当の記者にとって、この夏一番のネタは古橋亨梧である。古橋は中村俊輔、水野晃樹に次ぐクラブ史上3人目の日本人選手となった。彼の地での立ち位置は、救世主。グラスゴーのイーストエンドには、16年前に似た空気が漂っている。

 '05年の夏を思い出す。中村の加入決定直後、セルティックはCL予選でまさかの敗退を喫した。今回も、古橋の移籍決定後のCL予選でミッティランに敗戦。国内リーグでも前シーズンはライバルのレンジャーズに優勝を奪われており、追う立場として挑むのも同じだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 601文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

東京五輪激闘録。

Sports Graphic Number 1033・1034

東京五輪激闘録。

 

関連記事

古橋亨梧
セルティック
中村俊輔

海外サッカーの前後の記事

ページトップ