Number on NumberBACK NUMBER

平良が挑む救援大記録

posted2021/07/24 07:00

 
平良が挑む救援大記録<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

高校時代から変わらないというクイックモーションで、威力ある球を投げる平良

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 西武の平良海馬が開幕から39試合、救援の登板で、連続試合の零封という日本プロ野球記録を樹立した。阪神で活躍した藤川球児の記録を塗り替えたものだった。

 平良の2021年の成績は、プロ野球の歴史に残る、すごい成績になるはずだ。平良に関して注目したいのは、21歳という年齢で、救援投手として、歴史上で最高と言っていいほどの投球を見せているところだ。登板する試合数、防御率などが年間でどれくらいになるのか、分からないが、開幕から80試合という7月6日の時点で、40試合に投げて1勝1敗11セーブ21ホールド、防御率0.23というのは、すでに相当に優れた記録だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1858文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<オリンピック開幕直前特集>東京に、凱歌を。

関連記事

平良海馬
埼玉西武ライオンズ
藤川球児
松井裕樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ