SCORE CARDBACK NUMBER

中村憲剛に「僕は1年目から結果しか出してないですから」!? 三笘薫の“威風堂々”が次々にチャンスを作り出す

posted2021/07/22 11:00

 
中村憲剛に「僕は1年目から結果しか出してないですから」!?  三笘薫の“威風堂々”が次々にチャンスを作り出す<Number Web> photograph by Getty Images

6月のU-24ガーナ戦で1得点、ジャマイカ戦で1アシストと結果を残した。ACL出場後、五輪代表に合流する

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 息を切らしながらスポーツドリンクをグイグイと飲み干す。

 俳優? モデル?

 いやいや、某スポーツ飲料ブランドのイメージキャラクターとしてCMに出演しているのは川崎フロンターレの24歳、三笘薫である。自然かつクールにキメてみせている。

 この人、何をやってもハマる。

 今年の新体制発表会見でも感じたことだ。クラブオフィシャルスーツの紹介で中村憲剛FRO(フロンターレリレーションズオーガナイザー)と一緒にコントを披露。営業成績トップのビジネスマンを演じて「ねえ中村クン。もうゴールパフォーマンスなんて考えなくていいですからね。僕なんて1年目から結果しか出してないですから。結果出してください、結果!」と憎々しく畳み掛けるなど、サマになっていた。

 本業以外のことをやる場合、照れや無理をしている感が伝わってくるものだが、彼にはそれが一切ない。畑違いの分野であっても落ち着いて全力で染まろうとする。自信がないように見せることはない。

 相手を手玉に取るプレーと、どこか重なっている。

「“コイツ、何やってくるんだろう”っていう雰囲気を」

 今シーズンの開幕前に話を聞いた際、彼がこのように語っていたことを思い出した。

「相手に“コイツ、プレーの選択肢がない”と思われてしまったら、自信を持って飛び込まれることだって多くなる。でも自分の視野を確保して周りを分かってさえいれば、ボールを扱う時間が長くなるし、相手にも“コイツ、何やってくるんだろう”っていう雰囲気を出せる」

 CMやコントにおいての「観る側」を、プレーで三笘を「マークする立場」に置き換えてみればよく分かる。自信を持って、主導権を握って向かってくる三笘に飲みこまれてしまう錯覚に陥る。想定の上を飛び越えていくような。これでは容易に飛び込むことなどできない。

 アウトサイドを使った独特の仕掛けというテクニックやリズムのみならず、この威風堂々が次々にチャンスをつくり出すファクターなのだと理解できる。

 金メダルを目標に臨む東京オリンピック。大舞台だろうが平然と相手の守備を切り裂いていくはず。輝きを放つスケールとオーラは、まさに旬を迎えようとしている。

<オリンピック開幕直前特集>東京に、凱歌を。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1031

<オリンピック開幕直前特集>
東京に、凱歌を。

【スペシャル対談】
池江璃花子×羽生結弦「ただ、勝利のために」

【挑戦者たちの誓い】
内村航平/石川佳純
阿部一二三/桃田賢斗
萩野公介/吉田麻也
石川祐希/平野歩夢

【レジェンドが解説】
大会スケジュール&注目選手

定価:本体640円(税込)目次ページへ

関連記事

三笘薫
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ