GO FOR TOKYO 2020BACK NUMBER

「正直、だいぶホッとしました」 崖っぷちから五輪を決めた14歳、玉井陸斗が語る“飛び込みの魅力”

posted2021/07/14 17:00

 
「正直、だいぶホッとしました」 崖っぷちから五輪を決めた14歳、玉井陸斗が語る“飛び込みの魅力”<Number Web> photograph by Ai Hirano

飛び込み界で活躍する玉井陸斗は初めてのオリンピックに期待を抱く

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph by

Ai Hirano

 全神経を集中させ10m下のプールに向かって飛び込んでいく。入水するまでのわずか2秒間に、14歳の玉井陸斗はすべてを凝縮させる。

「正直、だいぶホッとしました」

 5月、最終予選を兼ねたW杯東京大会で、玉井は男子高飛び込みの東京五輪代表に内定した。

 一時は崖っぷちに立たされた。上位18人の準決勝に進出すれば代表に内定する予選5本目までを終え圏外の19位。後がなくなった6本目で真価を発揮し、会心の1本で大舞台を手繰り寄せる。プレッシャーをものともしない5255B(後ろ宙返り2回半2回半ひねりえび型)で水しぶきのないノースプラッシュを見せた。

「予選最後の1本は、絶対に決めるという強い気持ちでいきました。もしこれでオリンピックが決まらなかったとしても悔いが残らないように、思い切った演技をしようって。本当に(五輪出場が)決まってよかったです」

五輪は「自分の飛び込み人生の第一歩」

 '19年4月のシニアデビューからこの2年で身長は約15cmも伸び、体重も大幅に増加した。短期間で一気に体が大きくなると筋力が追いつかず感覚が鈍ることもあるが、計画的な筋トレの成果もあり武器と自負する「宙返りの回転スピード」も強化。パワーや安定感も身につけた。

「海外の選手はみんな体が大きいので、それに負けないぐらいの演技をしないと得点が伸びない。大きく見せることは意識しています。ノースプラッシュで高得点を出したときに聞こえる歓声もうれしいけれど、体が小さくてもダイナミックな演技ができるのが、この競技の魅力の一つだと思います」

 初めて経験する五輪は「自分の飛び込み人生の第一歩」になると目を輝かせる。

「世界のトップ選手たちが集まる舞台で自分も戦えることはとても誇らしい。このオリンピックは今後の競技人生においても大切な大会になると思う。いい演技と結果で自信をつけたいです」

玉井陸斗Rikuto Tamai

2006年9月11日、兵庫県生まれ。JSS宝塚所属。6歳で飛び込みを始める。'19年日本室内選手権高飛び込みで史上最年少優勝を果たし、シニアデビュー。同年9 月の日本選手権も史上最年少優勝。155cm、51kg。

<特集 阪神タイガース>猛虎新風伝Tigers1985-2021

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1029

<特集 阪神タイガース>
猛虎新風伝
Tigers1985-2021

【独占インタビュー】
佐藤輝明「新時代の咆哮」

【躍動する若虎たち】
大山悠輔/近本光司
中野拓夢/梅野隆太郎
藤浪晋太郎

【タイガース新風伝説1985-2021】
亀新フィーバー
ノムさん&F1セブン
星野&金本/JFK

定価:本体640円(税込)目次ページへ

五輪の学校2021東京オリンピック観るぞ!ガイド

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number PLUS July 2021

五輪の学校2021
東京オリンピック観るぞ!ガイド

日本代表選手名鑑、一挙掲載/ほぼ日とコラボ!

特別講師12人による注目競技ガイド「10倍楽しめる観戦のツボ、教えます!」

代表選手が直伝!「通ワード」

名物実況アナ座談会

ほぼ日「観たぞ」傑作選

高橋尚子×山口衛里×市橋有里×糸井重里「伝説の金メダルの舞台裏を語ろう」

【特別付録】 おうちで楽しむ! TVガイド 全24P

定価:本体1650円(税込)目次ページへ

関連記事

玉井陸斗
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ