SCORE CARDBACK NUMBER

迫力不足の声も今は昔。
勢いづく女子キックボクシング。

posted2019/11/07 07:00

 
迫力不足の声も今は昔。勢いづく女子キックボクシング。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

18歳の寺山は9月にジュニア時代から対戦してきた佐藤レイナとの王座決定戦を制してミニフライ級王座を獲得。

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

Susumu Nagao

 女子キックボクシングが元気だ。10月18日には“神童”那須川天心の活躍で勢いに乗るRISEが初めての女子だけの大会『RISE GIRLS POWER』(11月8日・新宿FACE)の開催を発表した。

 メインはRISE QUEENミニフライ級王者・寺山日葵(ひなた)vs.同アトム級王者・紅絹(もみ)という現役王者同士の一騎討ち。切り札というべき大一番の実現に寺山は目を輝かせる。

「男子の大会の中で女子の試合が組まれたら、ある程度目立つ。でも、女子の中の女子は当たり前。何か個性がないと目立たない」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

寺山日葵

格闘技の前後のコラム

ページトップ