村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『意味による癒し ロゴセラピー入門』意味はいくらでも見いだせる。フランクルの教えが活力に。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/06/16 07:00

『意味による癒し ロゴセラピー入門』意味はいくらでも見いだせる。フランクルの教えが活力に。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『意味による癒し ロゴセラピー入門』V・E・フランクル著 山田邦男監訳 春秋社 2090円

 第二次世界大戦下、ナチスの強制収容所での実体験から人生の意味とは何かを記した心理学者ヴィクトール・フランクルの『夜と霧』は僕の愛読書です。そのフランクルによる『意味による癒し』においても、伝えたいことは一貫しているなと感じています。

 彼は強制収容所のなかで絶望的な状況にあっても、生きる意味に目を向けていました。そのことによって希望を胸に、生きようとする意志を保ったわけです。今、コロナ禍によっていろんな不安を抱えて生活する人が多いなか、人生を歩んでいく意味をうまく見いだせない方もいると思います。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 627文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

レジェンドが語る欧州選手権ベストマッチEURO 1988-2020

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ