村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『もしも一年後、この世にいないとしたら。』死と向き合う言葉に思わず涙。「最悪のくじだとしても……」 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/06/02 07:00

『もしも一年後、この世にいないとしたら。』死と向き合う言葉に思わず涙。「最悪のくじだとしても……」<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『もしも一年後、この世にいないとしたら。』清水研著 文響社 1078円

 いつか来る「死」をどこか直視せず、当たり前のように生きて、過ごしていく。今の時代、多くの人がそうなのかもしれません。本書のタイトルのように「もしも一年後、この世にいないとしたら」僕は一体、何を思うのか。人生とは何か。大切なものは何か。一度立ち止まってじっくりと考えてみる、いい機会を与えてくれる本になりました。

 著者の清水研さんは国立がん研究センター中央病院に勤務する精神科医。「がんとこころに関する学問」という精神腫瘍学を専門として、がん患者とそのご家族と向き合ってこられています。

 心に響いたエピソードがあります。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 628文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ウマい騎手ってなんだ?~日本ダービー直前競馬総力特集~

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ