マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

柳田、則本、秋山も地方大学で急成長した…大学3年の“知名度ゼロ”ドラフト候補はこの3人【大学選手権マニアック解説】 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2021/06/12 06:00

柳田、則本、秋山も地方大学で急成長した…大学3年の“知名度ゼロ”ドラフト候補はこの3人【大学選手権マニアック解説】<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

大学3年の“知名度ゼロ”ドラフト候補(2)上武大の加藤泰靖(3年・184cm86kg・右投右打・志学館高)

 石巻専修大との1回戦、東京農業大オホーツクとの2回戦。とにかく走・攻・守、なんでもやってのけた。

 先頭打者としてファーストストライクを快打にして出塁したかと思えば、先制タイムリーを放ち、1回戦では1試合4安打。

 立て続けに二盗、三盗をきめてみせて、東農大オホーツクのプロ注目捕手・古間木大登(4年・184cm86kg・右投左打・遠軽高)相手にも、繰り返し二盗スタートを試みる。スカウトの多くが認める「強肩」を挑発しながら、二塁を奪う。

 三遊間の打球をバックハンドでスライディングキャッチして即三塁送球。進塁をはかった二塁走者を刺しにいったプレーのスピードと正確なアクションには、ただ唸るだけ。石巻専大を8回コールドで下した走者一掃のセンターオーバーの一打も、きめてやろう!の気迫より、頭が動かず正確なジャストミートを心がけた冷静なひと振りが印象的だった。

 教科書通りのきちんとしたプレーも、とっさの大胆プレーも、どちらも高精度にこなして、2試合で10打数8安打5打点。しかもそれが、初めての「全国の舞台」でのことなのだから、天理大・友杉篤輝、この野球青年のことを、まず取り上げないわけにはいかない。

(2)加藤泰靖投手(上武大3年)

 上武大の加藤(泰靖、3年・184cm86kg・右投右打・志学館高)という投手が150キロぐらいのボールを投げるということは、何かの記事で読んで知っていた。

 頑丈そうなサイズも知っていたので、速いだけ速くて、力任せで、コントロール二の次、変化球三の次……そんな「パワーピッチャー」なのかと思っていたら、実戦のピッチングを見て驚いた。

【次ページ】 (2)加藤泰靖投手(上武大3年)

BACK 1 2 3 4 NEXT
友杉篤輝
天理大学
加藤泰靖
上武大学
仲地礼亜
沖縄大学

大学野球の前後の記事

ページトップ