Sports Graphic NumberBACK NUMBER

井上尚弥が語る“引退は35歳”の理由 「目標が何階級制覇するとかじゃ、いつか達成するじゃないですか」 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2021/06/14 11:02

井上尚弥が語る“引退は35歳”の理由 「目標が何階級制覇するとかじゃ、いつか達成するじゃないですか」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

6月19日(日本時間20日)、ラスベガスでの防衛戦に挑む井上尚弥は、バンダム級4団体制覇の先を見据えている

ボクシングの試合そのもので人々を魅了したい

 防衛回数が長くても、KOの数が多くても、それが評価に直結する時代ではなくなった。試合の価値を高めるためには対戦相手の質が重要であり、好選手と試合を重ねなければ王者としての価値は高まらない。

 ところが「強い選手と試合がしたい」と願っても、これがなかなか簡単ではないところが難しい。世界チャンピオンになれば、周囲のさまざまな思惑が渦巻き、本人の希望が必ずしも通るとは限らないのだ。

 たとえば政治的な力学が好選手との試合を許さないこともある。高額なファイトマネーがマッチメークを困難にさせることがあるし、放送プラットフォームの違いが障壁になることもある。そもそもその選手に人気を含めた“実力”がなければ周囲を動かすことは難しい。井上自身、スーパーフライ級時代は統一戦を望みながら、それをかなえることはできなかった。

 価値を高めるためには、拳以外の力が必要になることもある。さまざまなプロモーション活動を通して名前を売ることはその一つだ。しかし、井上はテレビのバラエティー番組に出たり、熱心にSNSを展開したり、ということにあまり関心を示さなかった。まったくしないわけではないが、あくまでボクシングの試合そのもので人々を魅了したいという気持ちが強かったのだ。

「そこのところは今でも変らないですね。それが時代に合っているのかと言えば分からないですけど」

「無理して階級を上げようとは思っていない」

 井上は己の拳に磨きをかけ続けた。そして'18年、WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)という各団体の王者、元王者を集めた世界一決定トーナメント開催という幸運に巡り会う。これに優勝した井上の名声は断然高まり、ついに理想に近いポジション、つまりは大きな舞台でだれもが認める選手と拳を交えることができる、という地位を手に入れたのである。

 他団体チャンピオンが統一戦を望む井上に激しく反応しているのはその証拠と言えるだろう。現在はバンタム級だけでなく、一つ上のスーパーバンタム級のチャンピオンまでがモンスターにラブコールを送るようになった。

「もうバンタム級には敵がいないから階級を上げろみたいな雰囲気はありますけど、無理して上げようとは思っていないんです。適正な階級じゃなければ意味がないし、まずはバンタム級で4団体統一です。スーパーバンタム級に上げるのは来年、再来年……どうなんでしょうね」

【次ページ】 「無観客でやったら100%勝ちます」

BACK 1 2 3 4 NEXT
井上尚弥
マイケル・ダスマリナス

ボクシングの前後の記事

ページトップ