Sports Graphic NumberBACK NUMBER

井上尚弥が語る“引退は35歳”の理由 「目標が何階級制覇するとかじゃ、いつか達成するじゃないですか」

posted2021/06/14 11:02

 
井上尚弥が語る“引退は35歳”の理由 「目標が何階級制覇するとかじゃ、いつか達成するじゃないですか」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

6月19日(日本時間20日)、ラスベガスでの防衛戦に挑む井上尚弥は、バンダム級4団体制覇の先を見据えている

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

その強さは単なる世界王者の肩書を超越し、周囲に影響を与え、周囲から求められる存在となった。WOWOWで生中継される次戦のダスマリナス戦、その先の4団体制覇の向こうに彼が見据えるものは?
現在発売中のNumber「サッカーEURO」特集号掲載のインタビューを、特別に全文公開する。

 シャープに削られたアゴのラインが、試合が近づいていることを教えてくれた。6月19日(日本時間20日)、ラスベガスでの防衛戦が決まった井上尚弥が都内のスタジオに現れたのは5月上旬のこと。試合まで1カ月半という段階で、その肉体はかなり絞られているように感じられた。

 挑戦者は井上が保持するバンタム級のWBAスーパーとIBF王座のうちIBFのランキング1位、フィリピンのマイケル・ダスマリナスだ。舞台は2試合連続でアメリカの大手プロモーション、トップランクが主催するラスベガス興行のメインイベント。日本人選手としては過去に例を見ない快挙と言えるが、周囲の興奮をよそに、世界で“モンスター”と称される絶対王者の反応はいつも通りクールだった。

「まあ、こういう状況(コロナ禍)なのでアメリカでの試合になりましたけど、それに関して思うところはないですね」

「相手に何もさせず、圧倒的に勝つだけです」

 そしてこう続けた。

「相手はランキング1位の選手ですけど、その先を視野に入れています。この試合の次に統一戦ができる可能性はかなりあると思ってるんです。だから今回は相手に何もさせず、圧倒的に勝つだけです」

 ダスマリナスと日本の関係は深く、かつてWBCバンタム級王座を12度防衛した“神の左”こと山中慎介のスパーリングパートナーを務め、2019年には弟の拓真のパートナーとして大橋ジムに通ったこともある。

 挑戦者の紹介が試合ではなく、練習パートナーとしての実績というのだから物足りない印象は否めない。井上は老舗ボクシング専門誌「ザ・リング」の全階級の選手を順位付けしたパウンド・フォー・パウンド・ランキングで長く2位にランクされている。両選手の格の違いは明らかだ。

【次ページ】 「今はみんな統一戦を望むようになりました」

1 2 3 4 NEXT
井上尚弥
マイケル・ダスマリナス

ボクシングの前後の記事

ページトップ