バスケットボールPRESSBACK NUMBER

【Bリーグファイナル】準決勝を“大博打”で勝ち上がった宇都宮ブレックス…千葉との決戦ではなにが飛び出す?

posted2021/05/28 17:00

 
【Bリーグファイナル】準決勝を“大博打”で勝ち上がった宇都宮ブレックス…千葉との決戦ではなにが飛び出す?<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

セミファイナルの大一番で3番に起用されたギブス。GAME1は4得点9リバウンド、GAME2は6得点3リバウンドで勝利に貢献

text by

青木美帆

青木美帆Miho Aoki

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 レギュラーシーズン終了まであとわずかに迫った4月25日の宇都宮ブレックス×川崎ブレイブサンダース戦。2試合を戦い終えた両チームの指揮官は、記者会見の中で示し合わせたように同じ言葉を使った。

「チャンピオンシップ(CS)でまた戦いたい」

 このシリーズを2連勝で終えた川崎の佐藤賢次が「対戦するのが楽しいと言ったら変ですけど、節目節目でずっとやり合ってきた相手。悔しい思いをしながらお互いにステップアップしていった感じがするので、単純にまた戦いたいと思うんです」と語れば、敗れた宇都宮の安齋竜三も言う。

「今季は川崎さんと5回戦って1勝しかできなかったんですけど、この2試合を経験したことで、CSで戦いたいという思いがより強くなりました。負けたまま終わるのも気持ちよくないですしね。川崎さんは強いです。その強いチームに対して、いろんなチャレンジをして、改善して……という過程が楽しいんです。負けて『楽しい』というのはおかしいですけど、単純に楽しいです」

 かくして、40代男子たちが繰り広げるライバル物語は、その1カ月後のCSセミファイナルの舞台で実現した。「川崎優勢」の声がほとんどの中、宇都宮は前評判を覆す完璧な戦いぶりで2連勝し、4季ぶりのファイナルに駒を進めた。

レギュラーシーズンにない大胆な戦術変更

 安齋はこの大一番で、大胆な戦術変更を行った。ジェフ・ギブス、ライアン・ロシター、ジョシュ・スコットの同時起用だ。

 レギュラーシーズン中、ロシター、スコットとラインナップを組んでいたのはLJ・ピークもしくは比江島慎で、ギブスはロシターの控えとして出場することが多かった。しかし、安齋HCは、川崎の大型ラインナップにピークや比江島のミスマッチを突かれた経験から、188cmながら強靭なフィジカルとディフェンス力、さらにはジャンプ力と長い腕を備えたギブスを3番ポジションで起用。さらには、190cmの比江島をポイントガードとして起用し、ピーク(196cm)、ロシター(206cm)、竹内公輔(206cm)、スコット(210cm)という超大型ラインナップも使った。

 これまでは3番ポジションのミスマッチから大量得点を奪われていた宇都宮だったが、このシリーズはほぼ完封。リバウンドでも川崎の優位性を打ち消すことに成功し、ギブスやロシターにボールを運ばせることで、川崎自慢のガード陣に苦しめられることもなかった。

【次ページ】 比江島が前髪を上げれば負けなし

1 2 3 NEXT
宇都宮ブレックス
川崎ブレイブサンダース
千葉ジェッツ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ