Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

桜井和寿(Mr.Children)×長谷部誠「音楽とサッカー、答えなき日々の中で」~スペシャル対談~

posted2021/05/17 07:00

 
桜井和寿(Mr.Children)×長谷部誠「音楽とサッカー、答えなき日々の中で」~スペシャル対談~<Number Web> photograph by Ryu Voelkel

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Ryu Voelkel

長谷部誠はMr.Childrenのファンを公言し、その歌を心に刻んできた。一方、桜井和寿はデビュー後に出会ったサッカーに20年以上魅せられている。自分自身でプレーするだけでなく、GAKU-MCとのユニット、ウカスカジーでは日本サッカー協会公認の代表応援ソングを手掛けた。以前から親交のある2人が、日本とドイツをオンラインで結び、サッカーと音楽のこと、お互いの共通点やチーム論などを語り合った。

 対談の冒頭、編集部が名波浩さんから聞いた「ずっと草サッカーでセンターフォワードだった桜井さんが、最近ボランチに色気を見せている」というエピソードを紹介すると、桜井さんは照れながらも、2人の対話は流れるように進んでいった。

長谷部 桜井さん、ボランチですか?

桜井 素人考えなんですけど、サッカーが一番上手い人がボランチをやるもんだと思っているんです。攻めることも守ることも、そしてバランスをとり、球をさばくこともできる、そんな選手になりたいな、と。今はダイレクトで淡々とパス回しをすることを心がけてます……って、こんな草サッカーの話から始めていいですか?(笑)

長谷部 ダイレクトパスで、リズムをつくるイメージですか?

桜井 そう。パスを受けるときに、例えば長谷部君が味方だとして、長谷部君がボールを持ちそうになった瞬間に、ダイレクトで受けられるタイミングやポジションというのを意識したり。なんか、すいません、プロを前に(苦笑)。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 8707文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

長谷部誠は知っている~欧州で輝き続ける37歳のサバイバル術~
桜井和寿
Mr.Children
長谷部誠

海外サッカーの前後の記事

ページトップ