SCORE CARDBACK NUMBER

来て、見て、勝って、いと楽し。新生サンガ、春のあけぼの。~ウタカとバイスのサッカーは~

posted2021/05/08 07:00

 
来て、見て、勝って、いと楽し。新生サンガ、春のあけぼの。~ウタカとバイスのサッカーは~<Number Web> photograph by J.LEAGUE

チームの動力源の2人。点取り屋のFWウタカ(右)が、守備の人DFバイス(左)が、ピッチ狭しと走りまくる

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 楽しい。選手たちにそう思わせたら、しめたものだ。監督の言うことに耳を傾け、少々しんどいことも前向きにトライする。

 今季の京都サンガ(J2)がその好例だ。曺貴裁新監督の下、ゲームモデルを一新。攻守の両輪を激しく回し、敵を圧倒する戦い方へ舵を切った。これが「やっていて楽しい」というわけである。

「選手たちがそう思えなければ、このサッカーは成立しない」

 曺監督の弁だ。休まず戦うことが前提だから、切り換えや球際で後手に回ると、たちまちリスクが顕在化する。少しも手を抜けない。

 重労働だ。それでも全員が休まず走り続けるのはチームの約束事だから――という以上に、十分な見返り(報酬=楽しさ)を期待できるからだろう。それが新生サンガの動力源になっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 525文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

長谷部誠は知っている~欧州で輝き続ける37歳のサバイバル術~

関連記事

京都サンガF.C.
曺貴裁
ピーター・ウタカ
ヨルディ・バイス

Jリーグの前後の記事

ページトップ