SCORE CARDBACK NUMBER

レッドブル・ホンダは“本命”か? タイトル獲得への狼煙は上がった。~2021年のF1開幕~

posted2021/04/02 08:00

 
レッドブル・ホンダは“本命”か? タイトル獲得への狼煙は上がった。~2021年のF1開幕~<Number Web> photograph by Getty Images

「決勝までどのチームが速いかの比較はできない」と開幕前の“情報戦”には警戒を弛めなかったフェルスタッペン

text by

今宮雅子

今宮雅子Masako Imamiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2021年のF1は3月末のバーレーンで開幕した――本稿執筆時点ではまだフリー走行も始まっていないが、レッドブル・ホンダの開幕戦勝利を思い描いている。

 シーズンオフのテストはわずか3日間。“テストから戦力図を読み取ろうとするのは不可能”というのが常識的で慎重な見解だ。しかし開幕戦の2週間前に開幕の地サクヒールで行われた今年のテストは異例。各チーム、2週間後のグランプリを想定して予選やレースのシミュレーションを行ったのだから、具体的にグランプリに反映される要素は多い。

 もっとも好調だったのはレッドブル・ホンダで、6レース分以上の距離をトラブルなく走行し、マックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。そしてタイム以上に大切なのは、昨年よりずっと安定したマシンの動きをドライバーが“快適”と表現している点。ホンダが投入した真新しいパワーユニットが順調に走り続けた点―メルセデスPUの進化度合いを予測し、それを上回る目標値を設定したホンダは、実走でも想定通りの性能を確認した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 451文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

20年目の原巨人

Sports Graphic Number 1024

20年目の原巨人

 

関連記事

レッドブル・ホンダ
マックス・フェルスタッペン

F1の前後の記事

ページトップ