バスケットボールPRESSBACK NUMBER

「ボンズを福島のカープに」 “3.11後にできた”Bリーグクラブで37歳副社長(元トップリーガー)が目指すものとは 

text by

原山裕平

原山裕平Yuhei Harayama

PROFILE

photograph byKenji Otsuki

posted2021/03/10 17:01

「ボンズを福島のカープに」 “3.11後にできた”Bリーグクラブで37歳副社長(元トップリーガー)が目指すものとは<Number Web> photograph by Kenji Otsuki

Bリーグ福島の西田創副社長。3.11後にできたクラブとして、東日本大震災にどう向き合ってきたのか

エディー率いるトップリーグ選抜に選ばれたことも

 現役時代の一番の思い出は、2011年のこと。東日本大震災の復興チャリティマッチとして、日本代表と試合を行ったトップリーグ選抜に選出されたのだ。

 トップリーグ選抜を率いたのは、あのエディー・ジョーンズだった。

「エディーさんに選んでもらったのはうれしかったですね」

 西田氏は当時の心境を振り返る。

「ご存知の通り、エディさんはその後に日本代表のヘッドコーチになるんですが、その時のトップリーグ選抜から多くの選手が代表に選ばれているんですよ。廣瀬(俊朗)さんは、トップリーグ選抜の時にキャプテンシーを認められて、そのままジャパンのキャプテンになりましたし、山田章仁もそうですね。僕も流れとしてはチャンスだったんですけど、実力不足に加え、肩の怪我もあって、日本代表の夢は叶いませんでした」

 引退後、西田氏はNECで営業マンを務めながら、週末は母校の立教大で指導を行った。

「当時、立教大は2部だったんですけど、自分の経験則をもって教えていていくと、一気に強くなったんですよ。ただ、2部では圧倒できても、入れ替え戦の壁は2年連続で破れなかったんです。勝てないのは僕のマネジメントに問題があると痛感したので、組織マネジメントを本格的に学ぼうと考えました。そこで出会ったのが識学だったんです」

実績を買われ37歳の若さで副社長に抜擢

 識学で組織マネジメントを学んだ西田氏は、同社の事業にも参画。組織コンサルティングの実績を積みながら、立教大のコーチングにも応用し、2019年に立教大ラグビー部は成蹊大との入れ替え戦を制して、1部昇格を果たしている。その実績を評価され、2020年に37歳の若さでファイヤーボンズの副社長に抜擢されたのだ。

 識学がファイヤーボンズのオーナー会社になった背景には、やはり「震災」というキーワードがある。震災後に子どもたちのために生まれたファイヤーボンズの成り立ちを考えれば、大きな意義を持つものだ。

 ただし、西田氏には「軽々しく、『福島のために』と言うのは、失礼にあたる」という考えがある。

【次ページ】 「復興のために立ち上がったチームですが」

BACK 1 2 3 4 NEXT
福島ファイヤーボンズ
西田創
エディ・ジョーンズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ