2020年M-1・全員インタビューBACK NUMBER

M-1予選バカ受け、アキナはなぜ“あの4分間だけ”スベったのか?「“日本の前”でスベって…地獄です」 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2021/03/07 11:01

M-1予選バカ受け、アキナはなぜ“あの4分間だけ”スベったのか?「“日本の前”でスベって…地獄です」<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

2020年M-1で2度目の決勝進出。8位だったアキナの山名文和、秋山賢太(右)

秋山 めちゃめちゃ怖かったです。あのネタであんなにウケなかったのは、初めてのパターンやったんで。あっ、お客さんがついてきてない、って。それまでは、どこの劇場でやっても、いい感じでウケてたんですよ。

山名 劇場でスベっても300人とか500人くらいの前じゃないですか。でもM-1は日本の前でスベってるのと同じですもんね。地獄です。これは、ほんま。まさか、あんなことが自分の人生で起こるとは思ってなかったですね。

――お2人くらいの経験があっても、もう、どうしようもなかったですか。

秋山 通常の舞台だったら、何かしら絶対に変えてますね。あそこまで反応がなかったら。ツッコミのテンポを変えたり、ツッコミの言葉を変えたり。でも、M-1は無理ですね。ネタ時間が4分しかないですし、それで余計ひどくなったら、もうどうしようもないですから。放送事故になりかねない。

山名 どこかで、一生懸命、笑いをすくおうとしてるんですよ。でも、すくっても、すくっても、指の間からこぼれ落ちていくみたいな感じでした。

秋山 全員、今すぐテレビを消してくれ! って思いましたもん。

――そんな状況で、むしろ、よく完走できましたね。

秋山 なんとか踏ん張ってる感じでしたね。

山名 僕、コントのときは、お客さんの反応が悪いとゆっくりになるんです。でも漫才は逆。焦って、速くなる。ドシッと構えていられなくなってしまう。

秋山 僕もコントならウケなくてもそんなに焦らない。役に入ってるし、お客さんの方もあんま見ないので。ただ、漫才はどうしてもお客さんの顔が視界に入るので、笑ってないと早く終わらしたいっていう気持ちになる。なので、ヤバい、ヤバい、でも逃げたらあかん、って。最後までしっかりやらなと言い聞かせながらやってましたね。

(【続きを読む】M-1“惨敗”のアキナ、あえて敗戦を語る「大好きなサンド富澤さんの最低点(88点)、公開処刑みたいなもんです」 へ)

※YouTube「アキナのアキナいチャンネル」 毎週月・水・金更新中!

(写真=山元茂樹)

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
錦鯉
マヂカルラブリー
おいでやすこが
アキナ
見取り図
松本人志
上沼恵美子
富澤たけし

他競技の前後の記事

ページトップ