バスケットボールPRESSBACK NUMBER

「プレータイムが長い=偉い、ではない」エースの大ケガにも慌てない伊佐HCが語る、SR渋谷の強みとは

posted2021/02/23 11:00

 
「プレータイムが長い=偉い、ではない」エースの大ケガにも慌てない伊佐HCが語る、SR渋谷の強みとは<Number Web> photograph by B.LEAGUE

現在故障者リスト入りしているライアン・ケリー。怪我を負った1月24日時点で1試合平均20.6点をあげチームの要となっていた

text by

青木美帆

青木美帆Miho Aoki

PROFILE

photograph by

B.LEAGUE

「あともう1勝……、欲を言えば2勝しておけば、昨日おとといはよく寝られたかなと思います」

 バイウィーク3日目の練習後、そう話す伊佐勉の表情は、言われてみれば少し気怠げだ。

 21勝8敗で東地区3位。開幕以来上々の戦いぶりを見せていたサンロッカーズ渋谷に黄色信号が灯ったのは、1月下旬のことだった。

 1月24日、滋賀レイクスターズ戦でエースのライアン・ケリーが左頬骨骨折の大けがを負った。エースの戦線離脱に追い打ちをかけるように、チームにはコンディション不良者が続出。直近の3試合は、14人の契約選手のうち3人が不在という状況だった。

 ヘッドコーチの伊佐は、ケリーの欠場からバイウィークまでの8試合で「最低でも4勝」という青写真を描いていた。しかし、度重なるアクシデントの結果、勝ち星は3にとどまった。

 伊佐はこの8試合を振り返る。

「選手たちはすごくがんばってくれました。人数も練習する時間も少ない中、普段やらない戦術をいくつか取り入れて、選手によっては慣れない持ち場でのプレーも指示しましたが、遂行力が素晴らしくて。(前節の)三遠戦も、両試合ともに残り5分くらいまではしっかり勝てるゲームをしていましたし、チームとしてすごく成長できたと思います」

エース欠場でも、いつもどおりの戦いができる理由

 エースの欠場でチームが総崩れし、悲惨な状況に陥る――。”チームスポーツあるある”と言っても過言ではない事象は、今季のSR渋谷にはおそらく発生しないだろう。伊佐も「メンバーがいないというのは事実ですけれど、そこが負けの原因ではないと言い切れるくらい、戦術通り戦えていた」と力を込める。

「全治未定」とリリースされたケリーは、現在故障者リスト入り。時世柄、新たな外国籍選手との契約にも具体的な目処が立っておらず、2月10日の秋田戦から欠場中のジェームズ・マイケル・マカドゥが、バイウィーク明けに復帰できるかも微妙なところだ。

 それでも伊佐はチームが備える地力を信じ、泰然自若と構える。

「自分たちが持っているディフェンスの手玉で、相手にアジャストしながらやるしかないという感じですかね。

 スタイルは大きく変えられないですし、変えようとは思っていません。ライアンがいなくても、ディフェンスの組み合わせを工夫して、相手や自分たちの状況を見極めて戦術的にプレーすれば、どのチームとでも戦えるかなっていうのは、ここ数試合で証明済みなので。

 レギュラーシーズンはあと何十試合もあります。うまく調整して勝ち星をしっかり増やしていけば、チャンピオンシップを狙える位置にいるんじゃないかと思います」

 ヘッドコーチに正式就任した昨シーズンより、伊佐は明確な使命を持ってその業務を遂行している。

 それは、サンロッカーズというクラブの新たな文化を作ることだ。

【次ページ】 社業優先から戦う集団へ

1 2 3 NEXT
サンロッカーズ渋谷
ライアン・ケリー
伊佐勉

バスケットボールの前後の記事

ページトップ