村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『葉桜の季節に君を想うということ』強烈なパンチの初ミステリー。ラストはあの映画を彷彿させる。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/01/20 07:00

『葉桜の季節に君を想うということ』強烈なパンチの初ミステリー。ラストはあの映画を彷彿させる。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『葉桜の季節に君を想うということ』歌野晶午著 文春文庫 750円+税

 基本的に僕は小説をあまり読みません。百田尚樹さんの『海賊とよばれた男』のように実在の人物がモデルになっていてノンフィクションとフィクションの間にある作品ならば「俺もこう考えなきゃ」とか実用性があるので読むのですが、モデルのいない“完全フィクション”となると遠ざけてきたところはあります。

 その意味においてフィクションのミステリー作品を初めてちゃんと読んだと言えるのが、歌野晶午さんの『葉桜の季節に君を想うということ』。知人に薦められて読み始めてみたものの、最初は「やっぱりフィクションは俺に合わないかもな」と気が乗りませんでした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 660文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ