村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『アドラー心理学を生きる 勇気のハンドブック』現代社会で求められる、アドラーの教えは『アナ雪』にも。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/12/13 07:00

『アドラー心理学を生きる 勇気のハンドブック』現代社会で求められる、アドラーの教えは『アナ雪』にも。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『アドラー心理学を生きる 勇気のハンドブック』ジュリア・ヤン、アラン・ミリレン、マーク・ブラゲン著 今井康博、日野遼香訳 川島書店 3800円+税

 アルフレッド・アドラーは、カール・グスタフ・ユング、ジークムント・フロイトと並んで「心理学の三大巨匠」の一人とされています。彼の教えを哲学者と青年による対話形式でつづった『嫌われる勇気』は大ベストセラーになりました。本書は『嫌われる勇気』よりも半歩硬くしたようなイメージで、アドラー心理学をもっと踏み込んで学んでみたいと思う方におススメです。「ソクラテス式問答」を用いて読者の思考プロセスと重ねる手法を取るなど、とても実践的な内容になっています。

 実は本書の翻訳者である今井康博さんとは初動負荷トレーニングの際に一緒になることがあって、折に触れてアドラーの考えを教えてもらったり、逆に「どう思う?」と意見を求められたりすることもありました。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 577文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<緊急追悼特集>さらば、マラドーナ。神に最も愛された男

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ