SCORE CARDBACK NUMBER

皇治vs.亀田不発で思い出す大晦日興行の幻のカードたち。

posted2021/01/07 08:00

 
皇治vs.亀田不発で思い出す大晦日興行の幻のカードたち。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

亀田家では'19年6月に興毅(右)が那須川天心(左)と対戦しているが、今回の和毅の大晦日参戦は見送りに

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

Susumu Nagao

 大晦日興行の10日前に行われた『RIZIN.26』の会見。限りなくボクシングに近いルールで五味隆典と闘うことになった皇治は、実は五味戦の前にはボクシングで2階級制覇を成し遂げた元世界王者、亀田兄弟の三男・亀田和毅と闘う計画があったことを打ち明けた。

 RIZINの榊原信行CEOによると、これは亀田側から持ち込まれた話だったという。「本人はボクシングがすべて。それを捨ててまで参戦すれば、大事になることが動き出してみてわかったと思う」(榊原氏)

 この話を聞いた時、筆者は2006年に当時ボクシングの世界王者だった徳山昌守がPRIDEと折衝し、五味との特別ルール(JBCの認可を受けた試合ではないので、ボクシングという表記は使えない)で闘う予定だったことを思い出した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 579文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

藤井聡太と将棋の冒険

Sports Graphic Number 1018

藤井聡太と将棋の冒険

 

関連記事

RIZIN
皇治
亀田和毅

格闘技の前後の記事

ページトップ