箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

【箱根駅伝】青学大・原監督が大会直前に泣いた日 “走れなかった主将”神林の本音「なんで自分なんだ…」

posted2021/01/03 19:50

 
【箱根駅伝】青学大・原監督が大会直前に泣いた日 “走れなかった主将”神林の本音「なんで自分なんだ…」<Number Web> photograph by KYODO

前回大会の9区で力走する青学大・神林。区間賞を獲得し総合優勝に貢献した

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

KYODO

 2020年12月16日。

 箱根駅伝に向けての最終合宿を終え、青山学院大の主将、神林勇太の右脚は悲鳴を上げていた。

 内転筋、大腿四頭筋、臀部に痛みがあった。それでも、鍼治療などを施した結果、ほぼ完治した。ところが、一か所だけ、どうしても痛みが取れない箇所があった。

 仙骨である。

 神林はいう。

「ポイント練習を抜いて、ジョグで1週間ほどつないだ時期があったんですが、それでも痛みが引かなくて。『これ、折れてるんだろうな』と思ってました」

 改善しないまま、区間エントリーの前日である12月28日にMRI検査を受けることになる。

 仙骨が折れていた。

「もう、走ることはないんですか?」

 神林は、今回の箱根駅伝を陸上人生最後のレースと決めていた。

「箱根駅伝は、自分の人生を変えてくれた大会でした。これを区切りにして、陸上にはピリオドを打ちたいと思います」

 就職先はサッポロビール。最終面接では、

「もう、走ることはないんですか?」

 とまで質問された。

 箱根駅伝が最後です。

 神林は潔く、そう答えていた。

原監督は泣いていた

 神林がMRIの結果を監督に報告すると、原監督も覚悟はしていたものの、少なからずショックを受けたようだった。そして12月30日、部員を前にしたミーティングで監督はこう話した。

【次ページ】原監督は泣いていた

1 2 3 NEXT
青山学院大学
原晋
神林勇太
飯田貴之

陸上の前後の記事

ページトップ