スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

大谷翔平と今季不調だった実力派。「全盛期の8割」で投球練習中…“二刀流”の復活なるか?

posted2020/12/19 06:00

 
大谷翔平と今季不調だった実力派。「全盛期の8割」で投球練習中…“二刀流”の復活なるか?<Number Web> photograph by Getty Images

投打ともに不調に終わった今シーズン。怪我のリハビリや新型コロナの影響で調整不足だったと振り返る

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 12月第2週に、2020年のオールMLBチームが発表された。ご承知のとおり、ダルビッシュ有がファーストチームの先発投手5名のひとりにリストアップされ、前田健太の名も、セカンドチーム先発投手5名のなかに入った。

 ダルビッシュはもちろんのこと、今季は前田も素晴らしい出来だった。セカンドチームといえども、ゲリット・コールやクレイトン・カーショーといった大投手に伍しての選出(残る2名は、パドレスのディネルソン・ラメットとブルージェイズの柳賢振)だけに、前田も誇らしい気持ではないだろうか。

 若手や脇役はそう多く選ばれていない。ファーストチームではフェルナンド・タティース(パドレスの遊撃手)、セカンドチームではマイケル・コンフォルト(メッツの外野手)やマイク・ヤストレムスキー(ジャイアンツの外野手)が眼につく程度か。マイク・トラウト、ムーキー・ベッツ、フレディ・フリーマンといった主演級スターは、さすがに当然のファーストチーム選出だ。

 逆にいうと、例年ならば候補に挙がりそうなのに、今季はさっぱりだった、という選手の名前も、何人か脳裡に浮かぶ。

快挙を成し遂げた男も……

 筆頭はブルワーズの外野手、クリスチャン・イェリッチだろう。

 イェリッチは2018年(3割2分6厘)と19年(3割2分9厘)に、ナ・リーグの首位打者を獲得した。同時に、長打率も2年連続でナ・リーグ1位。この連続ダブル1位は、「史上最高の二塁手」と呼ばれるロジャーズ・ホーンズビー(当時カーディナルス)が1920年から25年にかけて6年連続(そのうち、4割超えが3度。とんでもない記録だ)で達成して以来、久々の快挙だった。

 そんなイェリッチが、20年はさっぱりだった。58試合に出場して、2割5厘、12本塁打、22打点、OPS=.786。いくら年間60試合の短縮シーズンだったとはいえ、眼を覆いたくなる数字だ。大きな故障に苦しんだわけでもないので、これはもう、リズムをつかみ損ねたとしかいいようがない。年齢も29歳になったばかりなので、21年はぜひとも復活してもらいたいものだ。

【次ページ】異様なまでに低迷した大谷翔平

1 2 3 NEXT
ダルビッシュ有
前田健太
大谷翔平
クリスチャン・イェリッチ
ノーラン・アレナド
ホゼ・アルトゥーベ

MLBの前後の記事

ページトップ