ラストマッチBACK NUMBER

<現役最終戦に秘めた思い(7)>
明神智和「最後だからこそ普段通りで」

posted2020/12/02 07:00

 
<現役最終戦に秘めた思い(7)>明神智和「最後だからこそ普段通りで」<Number Web> photograph by J.LEAGUE

'19年J3最終節、明神は7月28日のG大阪U-23戦(後半42分に交代出場)以来となるピッチに立った

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

2002年日韓W杯で日本初の16強進出に貢献した“名脇役”が、昨季を最後に、静かにユニホームを脱いだ。契約延長のオファーがあったにもかかわらず――。

2019.12.8
J3リーグ 第34節
成績
長野 1-0 熊本(前半0-0 後半0-0)

   ◇

 師走にふさわしい冷え込みとなったその日、明神智和は本拠地、長野Uスタジアムに入ると、いつものようにドレッシングルームの扉を開けた。

 天井に蛍光灯が二列に並び、ラバー貼りのフロアは戦う心を掻き立てるような真紅に染められている。部屋の両側に並んだロッカー右側の一番奥、自分の“指定席”に着くと、そこに置いてあるものに気づいた。

 このチームのキャプテンマークであった。

《監督がそうしてくれたんです。うれしかったんですが、僕は普段キャプテンではないので……最後だからといって、特別な空気にはしたくなかったんです》

 日本プロサッカー3部リーグの長野パルセイロは、ロアッソ熊本とのシーズン最終戦を迎えていた。それは同時に、1週間前に引退を発表した明神にとってのラストゲームだった。

 キャプテンマークを手に取った明神は、自分の気持ちを伝えるために、監督の横山雄次のもとへ向かった。

「いや、ダメだ。お前にやってもらいたい」

 横山からは逆に突き返されたが、何度か押し問答をした末に何とかマークを返上することができた。

《最後の試合だからこそ、これまで通り、目の前の試合に勝つためだけに取り組みたかった。勝つために求められる選手でありたかったんです》

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4021文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

NBA, The Great Legacy 1990-2020八村塁とスーパースターの時代
明神智和
AC長野パルセイロ
横山雄次
柏レイソル

Jリーグの前後の記事

ページトップ