Number ExBACK NUMBER

なぜBTSはこんなに応援したくなるのか……「アスリートとファンの構造」に通ずる“4つの理由”

posted2020/11/20 11:03

 
なぜBTSはこんなに応援したくなるのか……「アスリートとファンの構造」に通ずる“4つの理由”<Number Web> photograph by Getty Images

8月にリリースした『Dynamite』はBillboard Hot 100で1位を獲得した

text by

竹田ダニエル

竹田ダニエルDaniel Takeda

PROFILE

photograph by

Getty Images

 8月21日にリリースしたシングル『Dynamite』で世界中を席巻している韓国発の7人組ヒップホップアイドルグループ・BTS(防弾少年団)が日本国内でも大きく話題になっている。米国ビルボードのグローバルチャートの首位に立ち、最も名誉あるBillboard Hot 100では首位を3度も獲得した。本日20日には、待望のニューアルバム『BE』もリリースされ、その支持層と影響力は急速に広がりつつある。

 今や世界的トップスターとなった彼らの「人気・成功の理由」を語る記事は多いが、実際に彼らを高みまで押し上げてきたファンたちは、なぜBTSを「応援」したいと思うのだろうか――。筆者は『Dynamite』をきっかけにBTSファンになったが、私たちファン(通称・ARMY)とBTSの関係は、一般的な芸能人とファンというよりも、“アスリートとファン”の関係性にどこか似ている気がする。

 今回は、筆者が独自にSNSで募集した「BTSを応援したくなる理由は?」というアンケートをもとに、人間としてもリスペクトできるトップアスリートをロールモデルとして捉えて応援するスポーツファンたちの心理と、BTSファンが類似する理由を4つのポイントにわけて紹介したい。

その1)アンダードッグから始まった成長物語である

 不利な立場のチームや選手が試合で逆転優勝した際にファンが急増するなど、スポーツファンには「アンダードッグを応援したい」という心理が強く働いているという研究結果がある(https://www.vox.com/2015/3/20/8260445/underdogs-psychology_)。

 そして、BTSの物語も“アンダードッグ”として始まっている。

 所属する韓国の芸能事務所・BigHitエンターテインメントは彼らのデビュー当時、K-POP業界で「3大事務所」とされているSMエンターテインメント、YGエンターテインメント、JYPエンターテインメントとは比較もできないような弱小事務所だった。そのため「成功するはずがない」と言われ、なかなか露出の機会も得られなかったという。

 そんな逆境の中でも、「韓国で大賞を獲る」「ビルボード1位」「グラミー賞が欲しい」と壮大な目標を明確にし続け、2016年には韓国最大級のMelon Music Awards 2016で、アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。今年2020年には、冒頭で紹介した通り、ビルボードのグローバルチャートで1位を獲得した。

【次ページ】「試合」に向かうアスリートと応援するファン

1 2 3 4 NEXT
BTS
防弾少年団
RM
JIN
SUGA
J-HOPE
JIMIN
V
JUNGKOOK
長谷部誠
大坂なおみ

他競技の前後の記事

ページトップ