ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

DeNAのドラフトは競合避けて一本釣り狙い? 編成部長に“禁断の質問”をぶつけてみた 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/11/05 06:00

DeNAのドラフトは競合避けて一本釣り狙い? 編成部長に“禁断の質問”をぶつけてみた<Number Web> photograph by KYODO

DeNAのドラフト1位で指名された入江大生。指名挨拶では「球団のエースになることを目指したい」と意気込みを語った

 ドラフトにおいてDeNAは、競合必至の注目選手を積極的に指名することなく、いわゆる“一本釣り”を狙う傾向にあると見られ物議を醸すことがあるが、やはり球団としてはできることならば競合することなく確実に良質の選手を獲得するという戦略がベースとしてあるのだろうか。

「もちろん競合するかどうかも含めてあらゆるシミュレーションを重ねてきましたが、入江選手に関しては、チームにとって彼が必要な戦力だという判断の下、指名することを決めています」

 また2巡目には大学日本代表の4番を務めた右の好打者である中央大学の牧秀悟を指名。二遊間はDeNAの補強ポイントであり、事前情報では牧の1巡目指名もあるのではないかと囁かれていた。進藤は、牧の獲得はチームにとって非常に大きかったと語る。

「牧選手は他球団が1巡目で指名することも考えられていたなかで、我々が獲得できたのは大きなプラスポイントだと思っています。非常に三振の少ない選手で、裏を返せば対応力に長けているということ。実際にバットコントロールはいいですし、実績や経験はもちろんキャプテンなどを務めている点も評価したところですね」

「左腕王国」と呼ばれるけど……

 3巡目に指名をしたのは横浜高校の松本隆之介。身長188㎝の大型左腕。角度のあるストレートを武器とする将来の有望株だ。

「ポテンシャルという部分で惚れ込んでの指名になります。また編成上、2017年のドラフトで高卒の櫻井(周斗)を獲得して以来、その下の世代のサウスポーをここまで指名できていませんでした。今永をはじめ、うちにはいいサウスポーの先輩がいますから、多くを吸収できる環境はあると思います。ぜひ成長して近未来の戦力になってほしいですね」

 今永をはじめ東や石田健大、濵口遥大、坂本裕哉などを擁し「左腕王国」と呼ばれることもあるDeNAだが、実情10代後半から20代前半のサウスポーの層は厚くはない。ゆえに今ドラフトでは松本以外にも、5巡目には高卒社会人のヤマハの池谷蒼大、6巡目には松本に引けを取らない素質の持ち主である静岡商高の高田琢登、育成1巡目に法政大の石川達也といった若いサウスポーを多く指名している。

 そして高卒野手として将来楽しみなのが4巡目で指名された履正社高校の小深田大地だろう。高校通算35本塁打を誇る左のスラッガー。もし今年、甲子園があり出場していたらもっと上位の指名になっていたかもしれませんね、と進藤に問うと「そうでしょうね」と頷いた。

「バッティングに関しては今年の高校生ではナンバー1の評価と言っていいと思います。ポジション的にもサードということで、将来的には彼がそこに入ってきてくれるのではないかと期待をしています」

【次ページ】コロナ禍での選手評価はどうやって?

BACK 1 2 3 NEXT
横浜DeNAベイスターズ
入江大生
明治大学
牧秀悟
松本隆之介
小深田大地

プロ野球の前後の記事

ページトップ