“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

早稲田トリオ旋風の中…柳田・千賀・甲斐を一挙に!ドラフト史に刻まれるソフトバンクの伝説指名 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byMami Yamada

posted2020/10/16 11:02

早稲田トリオ旋風の中…柳田・千賀・甲斐を一挙に!ドラフト史に刻まれるソフトバンクの伝説指名<Number Web> photograph by Mami Yamada

ドラフト指名を受けてインタビューを受ける早大時代の(左から)大石、斎藤、福井

語り継がれるソフトバンクの指名

◇2010年ソフトバンク指名一覧◇
×斎藤佑樹(早稲田大・投手)
1位 山下斐紹(習志野高・捕手)
2位 柳田悠岐(広島経済大・外野手)
3位 南貴樹(浦和学院高・投手)
4位 星野大地(岡山東商高・投手)
5位 坂田将人(祐誠高・投手)
育成1位 安田圭佑(四国九州IL高知・外野手)
育成2位 中原大樹(鹿児島城西高・内野手)
育成3位 伊藤大智郎(誉高・投手)
育成4位 千賀滉大(蒲郡高・投手)
育成5位 牧原大成(城北高・内野手)
育成6位 甲斐拓也(楊志館高・捕手)

 2010年のソフトバンクの指名は、のちのプロ野球界に衝撃を与える面々ばかりだ。

 2位柳田は大学4年間のリーグ戦通算打率.428と目を引くが「地方リーグ・広島六大学リーグで」という注釈がついていた。プロで一軍定着の目安を「シーズン100安打」に置くとすれば、柳田がレギュラーになったのは4年目の14年。大卒選手としては遅い部類に入る。だが、この年は144試合に出場して打率.317、本塁打15、打点70、盗塁33を挙げ、ベストナインとゴールデングラブ賞を受賞。翌15年には打率.363、本塁打34、打点99、盗塁32でトリプルスリーを達成と、あっという間にトップに躍り出た。

 これまで打撃タイトルは首位打者を2回獲得して、今季も打率.336(3位)、本塁打26(3位)、打点73(3位)と上位をキープ。ヤクルトの山田とともにこの年のドラフトを象徴する打者と言っていい。

千賀、甲斐、牧原…スカウト陣は殿堂入り級

 柳田以外では育成ドラフトで指名された3人が注目の的だ。まず4位で千賀を指名すると、6位でも甲斐を指名。現在のチームの核となる打者とバッテリーを一度のドラフトで獲得してしまったことになる。球団に殿堂があれば、この年のスカウト陣は間違いなく選考されているだろう。育成5位牧原も言わずもがな、十分戦力になっている。

 千賀に関しては思い出深いシーンがある。12年のプロ入り初登板のピッチングが話題になり、筆者は躊躇なく2度目の登板(5月11日ロッテ戦)を視察した。最速149キロだけでなく、3番井口資仁(現ロッテ監督)の胸元に腕を振って146キロのストレートを投げる勝負度胸と抜群のコントロール、さらに投球フォームのよさなど全てに衝撃を受けた。この日は2回途中でKOされながらも、いいところしか目に入らなかった。改めて強調するが、この年のドラフトは永遠に語り継がれていくと思う。

【セ・リーグ編も見る!】“外れ外れ”の山田哲人、改めて評価したい澤村拓一&大野雄大の一本釣り! へ

【写真】報道陣に囲まれる坊主頭のマー君とハンカチ王子。国体の入場シーン&貴重な半裸ショットも(全23枚)

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
塩見貴洋
後藤駿太
斎藤佑樹
伊志嶺翔大
大石達也
山下斐紹

プロ野球の前後の記事

ページトップ