新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『孫基禎――帝国日本の朝鮮人メダリスト』統治の象徴にして民族の誇り。日本と朝鮮を駆けた金メダリスト。 

text by

小野容照

小野容照Yasuteru Ono

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/10/17 07:00

『孫基禎――帝国日本の朝鮮人メダリスト』統治の象徴にして民族の誇り。日本と朝鮮を駆けた金メダリスト。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『孫基禎――帝国日本の朝鮮人メダリスト』金誠著 中公新書 800円+税

 戦前の日本は、植民地として朝鮮と台湾を統治した帝国であった。そのため、当時の甲子園や都市対抗野球は朝鮮でも予選が開かれており、本選で活躍した朝鮮人もいる。オリンピックの日本代表も同様であり、1932年のロサンゼルスと'36年のベルリン五輪には数名の朝鮮人選手がいた。その中で日本初のマラソン金メダルを手にした朝鮮人・孫基禎が本書の主人公である。

 そんな孫の波乱に満ちた生涯を扱った本書は、1912年に朝鮮半島北部の新義州で生まれマラソンで頭角をあらわす過程からベルリンでの活躍とその後の「日章旗抹消事件」、戦中の対日協力、そして解放後の韓国での指導者やスポーツ界の重鎮としての活動までを描く。さまざまな一次資料を駆使しながら時代背景を丁寧に論じることで、日本と朝鮮の近現代史の本としても読める点が特徴となっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 629文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<秋競馬GIプレビュー>三冠親仔伝説

関連記事

孫基禎
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ