SCORE CARDBACK NUMBER

代表も視野に入る“熟成した壮年”宮崎敏郎に漂う昭和の薫り。 ~五輪のサードを守るのは~

posted2020/10/16 08:00

 
代表も視野に入る“熟成した壮年”宮崎敏郎に漂う昭和の薫り。 ~五輪のサードを守るのは~<Number Web> photograph by Asami Enomoto

セ・リーグ4位の.312(10月1日現在)でチームを牽引する宮崎。失策数もわずかに3つと、安定した守備も魅力

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 東京五輪が1年の延期となり、日本代表のメンバーも様変わりすることになるだろう。昨年のプレミア12で世界一を勝ち取ったメンバーを中心にオリンピックを戦いたい、と公言していた稲葉篤紀監督も「どんどん、若くて活きのいい選手に出てきてほしい」と話している。

 今年、その“若くて活きのいい”選手が続出しているのがサードである。日本代表のサードは37歳の松田宣浩が長く守り続けてきた。チームの精神的支柱でもある松田の存在価値は依然として高く、稲葉監督も高く評価している。しかし今年の“若くて活きのいい”平成生まれのサードの面々は、岡本和真、大山悠輔、高橋周平、安田尚憲、さらにファーストも守る堂林翔太や村上宗隆まで含めれば多士済々。松田とはいえ安穏としてはいられないはずだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 579文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<秋競馬GIプレビュー>三冠親仔伝説

関連記事

宮崎敏郎
横浜DeNAベイスターズ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後の記事

ページトップ