Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<復活Vインタビュー>照ノ富士「太く短く、全力で」

posted2020/09/10 07:30

 
<復活Vインタビュー>照ノ富士「太く短く、全力で」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

転落から這い上がり、7月場所で優勝した照ノ富士。その心の裡を語る。

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

平成生まれ初の大関となった大器が、劇的な復活を果たした。序二段まで転落をした後、一歩ずつ這い上がり、幕尻で見事な優勝。その予想不可能なストーリーに多くの好角家が喝采を送った。世間の大騒ぎに28歳は何を思うのか。見えざる内面に迫った。

 猛暑のなかの8月6日。つい4日前に7月場所千秋楽を終えたばかりの照ノ富士の姿が、母校の鳥取城北高校にあった。

「優勝報告の挨拶に行ったんですが、相撲部の後輩たちも喜んでくれていました。モンゴルから留学して、日本の文化を初めて学んだところでもある、僕の原点ですから。ある意味『初心』に帰ったというか」

 それは、つかの間のリフレッシュだった。

 2015年7月、初土俵から25場所という、史上4位のスピードで大関に昇進した照ノ富士だったが、両膝を故障し、糖尿病、腎臓結石を患う。'17年9月場所での大関陥落後は、スピード出世のブーメランが返るように序二段まで番付を落としていった。

 そんな元大関が2年半の月日を掛けて再入幕し、幕尻の番付ながら、新大関朝乃山との優勝争いを制したのだ。自身にとっては実に5年ぶりの優勝で、師匠である伊勢ヶ濱親方から優勝旗を手渡された。

「グッとは来ましたね。その日を夢見て頑張って来ましたから。前回の優勝額が下りる(はずされる)までに、また飾りたいという想いがあったんで。心の中で自分に『できたよ』というのはありました」

 表彰式では、館内に飾られていたその優勝額をじっと見つめた。『地獄を見た男の復活優勝!』との見出しがスポーツ紙に躍る、快挙ともいえる復活劇。しかし主役の照ノ富士はおよそ優勝者らしくないほどに、その覇者の顔には歓喜の涙もこぼれる笑みも見えなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2409文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

照ノ富士

相撲の前後の記事

ページトップ