Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

アルバルク東京「スリーピートへの“再”挑戦」~Bリーグ2020-21開幕~

posted2020/10/09 07:00

 
アルバルク東京「スリーピートへの“再”挑戦」~Bリーグ2020-21開幕~<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

アルバルク東京の新キャプテン・安藤誓哉

text by

青木美帆

青木美帆Miho Aoki

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

昨季リーグ首位の勝率をあげながら、コロナ禍でシーズンは中止となり、3連覇は今季へ持ち越しに。
ついに迎えた開幕戦、猛追する川崎を封じたのは王者アルバルクを率いる新キャプテンの奮闘だった。

2020/10/2 Bリーグ2020-21開幕戦(アリーナ立川立飛)
アルバルク東京 85-
79 川崎ブレイブサンダース

「とても大きく、タフなチャレンジになると思います」

 9月27日に行われたBリーグのティップオフカンファレンスで、アルバルク東京の田中大貴は開幕戦となる対川崎ブレイブサンダース戦についてこう話した。

 いつもは謙虚ながら自信に裏付けされた物言いをする田中の発言が、苦しいものになったのも仕方がない。新型コロナの影響で、新加入のデション・トーマスとケビン・ジョーンズの入国が遅れ、開幕戦に間に合わないことがわかっていた。そうした新型コロナの影響の救済措置として設けられた「外国籍選手追加契約ルール」でカイル・バローンと契約したのが9月2日。チームの戦い方を良く理解する外国籍選手がアレックス・カークただ一人という状況で、今季開幕を迎えなければならなかったのだ。

 2017-18、18-19シーズンを連覇、続く昨季もリーグ最高勝率でシーズン中止を迎えたA東京。そんなチームのエースが、開幕5日前に「どういうメンバーでプレーするかわからない」と言う。チーム全体の動揺もはかりしれないものだっただろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1673文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<秋競馬GIプレビュー>三冠親仔伝説
アルバルク東京
川崎ブレイブサンダース

バスケットボールの前後の記事

ページトップ