フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

『愛の不時着』で伸びやかに 本郷理華ら“お姉さん”世代が見せたスケート人生をかけた演技

posted2020/10/02 11:02

 
『愛の不時着』で伸びやかに 本郷理華ら“お姉さん”世代が見せたスケート人生をかけた演技<Number Web> photograph by Manabu Takahashi

フリーでは前半最後の3回転サルコウで1/4回転不足が付いた以外はノーミスの演技を見せた本郷

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Manabu Takahashi

 フィギュアスケートの2020-21シーズンがとうとう開幕し、12月末に行われる全日本選手権にむけ、茨の道がスタートした。

 特に女子の層が厚い愛知エリアでは、1次予選となる中部選手権から注目選手が続々と登場。なかでも大学卒業組の“お姉さん”が、気鋭の演技を見せた。

「すごく久しぶりの試合で最初は緊張しましたが、滑っているうちに楽しくなって伸び伸び演技できました」

  1年5カ月ぶりとなる試合で笑顔を見せたのは、24歳の本郷理華だ。

 2018年にカナダ・バンクーバーの関徳武コーチのもとに移籍したものの、昨季は休養することを決意。ジュエリーショップで働き、休みの日はサウナにいくなど、20代らしい新社会人生活を送っていた。

「久しぶりに練習に行ってみたら楽しくなって」

「スケートを辞めるつもりで休んでいて、最初は(他の選手の試合を)見ていませんでした。でもスケートやりたいな、滑りにいってみようかな、と思って久しぶりに練習に行ってみたら楽しくなってきたんです」

 1月頃から練習を再開したが、緊急事態宣言で滑れない状態に。復帰に向けて一番不安だった体力をつけるため、ランニングや筋力トレーニングで身体を作った。

  本格的な復帰のためにはバンクーバーに渡りたかったが、コロナウィルスの影響でカナダへの渡航が禁止に。すると卒業した中京大学の厚意で、大学リンクで練習出来ることになった。

「大学のスケート部所属にさせていただくことが出来たので、中京大のリンクで練習しています。午前中の練習は、カナダがまだ夜なので関先生にZoomで見てもらったりしています。あとは撮影した動画を送ってアドバイスをもらうこともあります」

【次ページ】 ショートはドラマ『愛の不時着』のテーマソング

1 2 3 4 NEXT
本郷理華
新田谷凜
大庭雅

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ