Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<開拓者インタビュー>乾貴士「安パイではなく、ジコチュウに」

posted2020/09/18 07:30

 
<開拓者インタビュー>乾貴士「安パイではなく、ジコチュウに」<Number Web> photograph by Getty Images

スペイン1部で日本人最長、6年目をむかえる乾貴士。とがっていた以前の自分を取り戻そうとしている

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Getty Images

スペイン1部で日本人最長となる6年目。激戦と定位置争いを潜り抜けてきたアタッカーは、高い経験値を自負しつつも、脱皮を図ろうとしていた。

「ちょっと、ジコチュウになろうかなと思ってます」

 スペインで6年目を迎える乾貴士の、新シーズンを前にした決意だ。

 日本人が活躍できない舞台といわれたリーガで戦い、出場試合は138試合に到達した。時代は変わり、乾がひと足早く歩んできた道の上を、今では多くの日本人選手が歩んでいる。

 そんな先駆者が、開幕を前に頭に描くのは“変化”だ。

「今季は何かを変えていかないといけない。昨季は残した2ゴール、3アシストという数字もそうだし、チームへの貢献度も少なかった。特に攻撃の部分では物足りなかったので、何かを変えていかないと……。まずは監督に怒られてもいいからもっと仕掛けること。“ボールを取られても別にいいや”というぐらいの感覚でいきたいですね。チームメイトに“パス出せ”って言われても、自分でシュートを打ったり。監督に言われたことだけじゃなくて、自分がやりたいことをやっていこうかなと」

 所属するエイバルはスペインにおける小クラブだ。戦力的に見ても、全員のハードワークがなければチームはもたない。そして汗をかくサッカーを標榜するホセ・ルイス・メンディリバル監督の下では、例えばバルセロナにおけるメッシのような、何をしようがすべてが許されるという選手はいない。

 そんなチーム事情に影響を受けたか、昨季はチーム内のタスクにとらわれすぎているようなプレーもあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4106文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<欧州サッカー開幕特集>久保建英、リーガをゆく
乾貴士
久保建英
岡崎慎司
エイバル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ