Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<レジェンドが語る>マルコス・セナ「ここは家族のようなクラブさ」

posted2020/09/23 07:00

 
<レジェンドが語る>マルコス・セナ「ここは家族のようなクラブさ」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

レジェンド、マルコス・セナは「ビジャレアル以上の場所はない」と語る

text by

小澤一郎

小澤一郎Ichiro Ozawa

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

久保が加わるのは、欧州でも有数の強豪ながら、アットホームな側面も持つ魅力に溢れたクラブだ。ビジャレアルを愛してやまないレジェンドが解説する。

 EURO2008を制したスペイン代表のMFマルコス・セナだが、生まれはブラジルの大都市サンパウロ。名門コリンチャンスで頭角を現し、2002年にビジャレアルへ移籍する。当時のビジャレアルはまだ無名で、1部と2部を彷徨うエレベータークラブだった。特に人口1200万人の大都市サンパウロから人口5万人の街、ビジャレアルに移り住んだセナにとって街の規模の違いはカルチャーショックだった。

 しかし、44歳となった今ではこう話す。

「私にとってビジャレアル以上の場所はありません。偉大な家族であり、ここで手にしているような仕事ができるクラブは世界中を探しても多くありません。今はもう、ここから大都市に移り住もうとは思わない」

 セナは選手としてビジャレアルに2002年から'13年までの11シーズン在籍し、ニューヨーク・コスモスで2年プレーした後の'15年に現役を引退。現在は、ビジャレアルに外務ディレクターとして籍を置く。クラブの顔としてCLやELの抽選会に出席したかと思えば、アカデミーや国際部のクリニックに駆り出され、育成年代の選手や子ども向けに指導することもある。15年以上にわたり選手、職員として在籍するレジェンドは、ビジャレアルを「クラブ以上の存在」と定義する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2040文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<欧州サッカー開幕特集>久保建英、リーガをゆく
ビジャレアル
マルコス・セナ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ