箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

帝京大学駅伝部、ナゾの“はっぴ組”とは? 「布団の上げ下ろし、食事の配膳もする」“バイト”ランナー 

text by

和田悟志

和田悟志Satoshi Wada

PROFILE

photograph bySatoshi Wada

posted2020/09/17 17:00

帝京大学駅伝部、ナゾの“はっぴ組”とは? 「布団の上げ下ろし、食事の配膳もする」“バイト”ランナー<Number Web> photograph by Satoshi Wada

8月下旬、群馬・万座高原で合宿を行った帝京大学駅伝競走部。今年は箱根駅伝で3位以内を狙っていく

箱根駅伝トップ3へ カギ握る“はっぴ組”

「選抜合宿は緊張感が違うし、設定タイムよりもペースが速かったりするので、1回1回の練習でしっかり準備をしないといけない。でも、しっかりやるべきことをやって、自分のベースを上げていければ、駅伝ではチャンスが巡ってくると思うので頑張りたいと思います」

 万座の地で研鑽を積み、秋への飛躍を誓っている。

 帝京大は、高校時代に全国区での実績がある選手が少ないが、大学入学後にめきめきと力を付け、他の強豪校と渡り合っている。その育成力の秘密は、こんなところにもあったのだ。

 今年の箱根駅伝を走ったメンバーからは5人が卒業したが、森田のように“はっぴ組”から主力にのし上がった選手がいるだけに、帝京大は今季も侮れないチームになりそうだ。箱根駅伝ではこの2年間、5位、4位と1つずつ順位を上げてきており、いよいよトップ3を狙いにいく。

 鍵を握るのは、タフな“はっぴ組”の選手たちかもしれない。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
帝京大学
中野孝行

陸上の前後の記事

ページトップ