オリンピックPRESSBACK NUMBER

“サングラス投げ”高橋尚子の激走を覚えていますか?……シドニー五輪から20年、「10の名場面」とは 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki/JMPA

posted2020/09/15 11:30

“サングラス投げ”高橋尚子の激走を覚えていますか?……シドニー五輪から20年、「10の名場面」とは<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

女子マラソンで金メダルを獲得した高橋尚子。日本列島に感動を呼んだ激走だった。

ソフトボール高山の熱投、美しきアリーナ

(9)アメリカとの大激闘のち涙
 女子ソフトボールで日本のエースとして君臨したのは“女大魔神”の異名を取った高山樹里。決勝のアメリカ戦では涙をのんだものの5勝を挙げる活躍。なおその後はボブスレーへの競技転向のち、車いすソフトボールの普及に励んでいるという。

(10)五輪ならではの美しさ
 新体操個人総合で当時17歳のアリーナ・カバエワ。金メダル最有力候補として注目されていたが、この大会ではミスもあって銅メダルに終わった(4年後のアテネ五輪で金メダル獲得)。なお女子フィギュアスケートのアリーナ・ザギトワの名前はカバエワが由来とも言われている。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
高橋尚子
イアン・ソープ
マリオン・ジョーンズ
マイケル・ジョンソン
松坂大輔
中田英寿
高山樹里
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ