将棋PRESSBACK NUMBER

藤井聡太二冠の順位戦勝率「.970」! 谷川浩司九段との「中学生棋士」対決に勝利、勢いとどまらず 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph by日本将棋連盟

posted2020/09/10 15:00

藤井聡太二冠の順位戦勝率「.970」! 谷川浩司九段との「中学生棋士」対決に勝利、勢いとどまらず<Number Web> photograph by 日本将棋連盟

谷川浩司九段との「中学生棋士」対決に勝利した藤井聡太二冠(代表撮影/別日撮影)

王座戦では久保九段が1勝1敗に

 なお同日に行われた王座戦第2局では久保利明九段(45)が127手で永瀬拓矢王座(28、叡王と二冠)に127手で勝利し、1勝1敗のタイに戻した。“軍曹”との愛称で呼ばれる永瀬王座に対して、久保九段は得意の中飛車から飛車を自在に移動させるなど、振り飛車の名手としての力を存分に発揮した。

 藤井二冠や永瀬王座ら10~20代の棋士の活躍が目立つ一方で、久保九段のように40代の今もなおタイトルへの意欲を持ち続ける存在がいる。

 また谷川九段はNumber「1010号」の将棋特集のインタビューで「若い世代と対局を通じて対話ができるのも、恵まれたことですし、やりがいだと思います」とも話し、将棋の格言である「棋は対話なり」を体現している。

 各世代の棋士がそれぞれ見せるパーソナリティーこそ、2020年の今、数多くの人を魅了しているのだろう。

藤井聡太と将棋の天才

Sports Graphic Number 1010

藤井聡太と将棋の天才

 

関連記事

BACK 1 2
藤井聡太
谷川浩司
永瀬拓矢
久保利明

ゲームの前後の記事

ページトップ