スポーツ百珍BACK NUMBER

羽生さんは別格、では藤井くんは?
中村太地王座が語る将棋の“格”。

posted2018/02/19 17:00

 
羽生さんは別格、では藤井くんは?中村太地王座が語る将棋の“格”。<Number Web> photograph by Kyodo News

藤井聡太六段(対戦時は五段)は羽生善治二冠に勝利した。しかし、これで「藤井くんの方が強い」と言えないのが将棋の奥深さなのだ。

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「藤井四段」だったはずが、あっという間に「藤井六段」である。

 17日の朝日杯将棋オープン戦、藤井聡太五段は準決勝で羽生善治二冠、決勝で広瀬章人八段に勝利した。

 中学生棋士初の棋戦優勝、それによる六段昇格で、「藤井五段」と呼ばれた期間はわずか17日だった。今後、藤井五段と書く機会はそうそうないだろう。

 また準々決勝では、佐藤天彦名人にも勝っている。あの29連勝に始まり、名人・永世七冠を立て続けに破る15歳は、どう考えてもマンガ、いやマンガでも“毎回最終回かよ”レベルだ。

 AbemaTVの検討ルームでは、「羽生さん、倒しに来ているな」という声が挙がるほど、羽生二冠も全力でぶつかっていた。にもかかわらず藤井五段は終盤で押しきった。画面越しからも、プレッシャーとは無縁、といった風格すら感じた。

対局相手としての羽生さん、藤井くん。

 風格、その言葉でふと考えた。

 数十センチの盤面をはさんで戦う将棋。

 とてつもないスピードで未来を読む達人であるとともに、棋士もまた人間である。対局相手は何か影響を受けるのか。つまり、いわゆる“格”や“威圧感”というものを感じるのか。

 そんな素朴な疑問に、対局を解説していた中村太地王座が答えてくれた。昨年は羽生二冠、藤井六段のどちらとも盤を挟んでいる(後者は非公式戦)。

 羽生二冠との対局は王座戦で、勝利して自身初のタイトルを獲得した。中村王座自身が棋士の頂点に立つ1人であり、向き合った2人の強さも知っている。だからこそ、その辺りの心理面を聞いてみたかった。

「対局者の視点で、羽生さんや藤井くんってどう見えているんですか?」と。

【次ページ】 「同じ手でも羽生さんに指されると違う」

1 2 3 4 NEXT
藤井聡太
羽生善治
中村太地

他競技の前後のコラム

ページトップ