Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<最強女流の胸のうち>里見香奈「腹立たしいけど、好きだから」

posted2020/09/11 07:30

 
<最強女流の胸のうち>里見香奈「腹立たしいけど、好きだから」<Number Web> photograph by Ai Hirano

16歳の初戴冠から女流棋界を牽引してきた里見香奈。

text by

内田晶

内田晶Akira Uchida

PROFILE

photograph by

Ai Hirano

16歳での初戴冠以降、タイトル獲得は実に41期。しかし、その道のりは平坦ではなかった。奨励会での苦悩、好敵手の登場。徐々に変化を遂げつつある、第一人者の現在地とは。

 人呼んで“出雲のイナズマ”。

 女流棋界のトップ戦線に食い込み始めた中学3年生のころから、里見香奈はそう呼ばれるようになった。島根県出雲市出身。詰将棋で培われた群を抜く終盤力。同じく終盤を得意とし、“終盤の魔術師”“イナズマ流”と恐れられた、師匠の森けい二九段にあやかって名付けられた。

「当時は中学生だったこともあって初めはあんまり……。イヤではないですよ、ただどちらでもない感じでした。可愛いよりは格好いい方が良かったですけど、なんでこんな……っていう(笑)。でもキャッチフレーズって誰でもつけてもらえるわけではないですから、今はありがたく思っています」

 2008年秋、16歳のときに大山名人杯倉敷藤花戦で初タイトルを獲得して、一躍スターダムにのし上がった。制服姿で活躍する高校2年生を一般のメディアも取り上げる熱狂ぶり。翌年、「高校卒業までに獲りたかった」と語る女流名人位に就いた。

 里見の歩んできた道のりは人間離れしている。今年の8月に第2期ヒューリック杯清麗戦の防衛を果たし、通算タイトル獲得数は41期。清水市代女流七段の持つ歴代1位の43期にあと2期まで迫っている。出場49回を数えるタイトル戦の勝率は.837。初戴冠から28歳になる現在まで、12年もの間、無冠になることなく、文字通り女流棋界を牽引してきた。しかし、本人は意外なほど記録や数字には無頓着だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2248文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

藤井聡太と将棋の天才

Sports Graphic Number 1010

藤井聡太と将棋の天才

 

里見香奈
西山朋佳

ゲームの前後の記事

ページトップ