F1ピットストップBACK NUMBER

アルファタウリ・ホンダ、F1初優勝は「正当な結果」。真のパートナーが理解した日本人の精神性。

posted2020/09/07 15:00

 
アルファタウリ・ホンダ、F1初優勝は「正当な結果」。真のパートナーが理解した日本人の精神性。<Number Web> photograph by Getty Images

初優勝を遂げたアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー。フランス人としては'96年モナコGPのオリビエ・パニス以来、24年ぶりの優勝。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Getty Images

 先頭を走るアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーと、その背後に迫る2番手のマクラーレンのカルロス・サインツ。その攻防を、ホンダのスタッフたちは特別な思いで見ていたに違いない。なぜなら、アルファタウリの前身であるトロロッソとホンダが'18年から組む前の3年間、パートナーだったのがマクラーレンだったからだ。

 マクラーレンと組んで3年目の'17年、ホンダが投入したパワーユニットは明らかに戦闘力が不足しており、シーズン途中に三下り半を突きつけられる形でマクラーレンとの関係もその年限りで解消となる。F1活動継続の危機に瀕したホンダに手を差し伸べたのがトロロッソだった。

トロロッソは真のパートナーに。

 チャンスを与えてくれただけではない。トロロッソはホンダを信頼し、真のパートナーとして受け入れてくれた。

 F1の世界では車体を製造するコンストラクター(チーム)を中心として戦いが行われる。マシンを速く走らせるにはエンジンパワーも大切だが、車体の設計はそれ以上に重要であるため、“マシンを速く走らせるためには、パワーユニットはこうあるべき”という車体開発を優先する思想が根強くある。

 ところがトロロッソはこれまでホンダが一緒に仕事をしてきたコンストラクターたちとは異なったフィロソフィを持つチームだった。ホンダのF1活動で'18年から現場で指揮を執っている田辺豊治F1テクニカルディレクターはこう語る。

「彼らは最初からわれわれのことを信頼し受け入れ、常にオープンに接してくれました。そして、『ホンダは何がやりたいのか』、『そのためにはトロロッソはどうすればいいのか』と言い、常に一緒になって考えてくれました」

【次ページ】 日本の文化を学ばせたトスト。

1 2 3 NEXT
アルファタウリ
ホンダ
ピエール・ガスリー
マクラーレン
トロロッソ
フランツ・トスト

F1の前後のコラム

ページトップ