SCORE CARDBACK NUMBER

ボクサーの本質を捉えていた
ピート・ハミルが赤井英和を見た日。

posted2020/09/01 07:30

 
ボクサーの本質を捉えていたピート・ハミルが赤井英和を見た日。<Number Web> photograph by Makoto Maeda

36年前の一枚には今は亡きエディ・タウンゼントの姿も。赤井はこの1年後、試合で倒れ意識不明も復活を果たす。

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

Makoto Maeda

 こんな偶然もあるのか。時間ができたので、昔撮った写真をスキャンしながら整理していた。その中の一枚がこれだが、ふと携帯電話のニュースに目をやると、8月5日にピート・ハミルが亡くなったという訃報が飛び込んできた。後楽園ホールの控室で試合直後の“浪速のロッキー”赤井英和(右)に話しかけているのが、ハミルである。

 ハミルの死去を報じたメディアはどこも映画「幸しあわせ福の黄色いハンカチ」の原作者として紹介していたが、私には一貫してボクシング好きのジャーナリストだった。ブルックリン出身の生粋のニューヨーカー。20歳そこそこの駆け出し記者時代はグラマシージムに頻繁に通い、マイク・タイソンの師でもあるカス・ダマトからボクシング講義を受けたという。「ボクサー」という作品もある。小説の類で八百長が出てくるとうんざりして読む気がしなくなるものだが、ハミルのは例外で、ボクサーの心理がよくわかっているから違和感なく読めた。当然タイソンについても書いているが、この問題児を取り上げる時でも隣人を話題にするような暖かい視線を感じた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 455文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ピート・ハミル
赤井英和

ボクシングの前後の記事

ページトップ