ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

ボクシング興行を続けることで男は何を損なったのか?
~『浪速のロッキーを<捨てた>男』~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byRyo Suzuki

posted2014/06/01 10:30

ボクシング興行を続けることで男は何を損なったのか?~『浪速のロッキーを<捨てた>男』~<Number Web> photograph by Ryo Suzuki

『浪速のロッキーを<捨てた>男 稀代のプロモーター・津田博明の人生』浅沢英著 KADOKAWA 1700円+税

「必ず世界チャンピオンになれる、連続KOの物凄いボクサーがおるんです」

 それが、津田博明の売り込み文句だった。大阪の西成の下町で、タクシーの運転手をしながらボクシングジムを興し、のちに井岡弘樹、山口圭司、高山勝成という3人の世界チャンピオンを輩出したグリーンツダジムの創始者、津田博明。彼の評伝でありながら、ボクシングの裏側にある過酷な現実、そして、それを「プロモート」することが、どんな富やリスクや痛みを伴うのかをあぶり出す傑作が誕生した。

 津田博明をボクシングの檜舞台に連れ出したのは、さして期待されていなかった不器用なボクサー「浪速のロッキー」こと、赤井英和だった。そう、あなたが俳優として知っている彼である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 277文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯を獲る9つの方法。

Sports Graphic Number 853

W杯を獲る9つの方法。

 

関連記事

ボクシングの前後の記事

ページトップ