マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

甲子園で最注目だった野手はこの男。
仙台育英・入江大樹の“低めのツボ”。

posted2020/08/27 07:00

 
甲子園で最注目だった野手はこの男。仙台育英・入江大樹の“低めのツボ”。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

遠目にもひと目でわかる入江大樹の雄大な構え。その雰囲気も大打者の要素の1つだ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 この夏の「甲子園交流試合」、特に楽しみにしていた選手が投手、野手で1人ずついた。

 まず投手は、智弁和歌山高・小林樹斗(3年・182cm85kg・右投右打)の変わりっぷり。和歌山の独自大会で見た昨秋とは全く別人の圧倒的なピッチングに驚いた。

 コンスタントに140キロ後半、たまに150キロに乗っけてくる快速球にタテのスライダー、落差の大きなカーブにフォークボール。どれもプロ級のキレ味で、ほぼ狙ったコースにきまる。そんなボールを8分……いや7分の力感のフォームからやってのけてみせたから驚いた。

 その小林樹斗は、期待を上回る投げっぷりを甲子園のマウンドで体現し、この秋のドラフト1位候補に躍り出た。

 もう1人、野手の「最注目」だったのが、仙台育英の大型遊撃手・入江大樹(3年・185cm83kg・右投右打)だ。

 フィールディングでのボールコンタクトの柔らかさと確かさ。相手の盗塁に対しても、ゴム製のように見える長い腕をヒョイと伸ばして打球をグラブで吸収し、捕手からの送球がショートバウンドでもハーフバウンドでも、タッチプレーに持ち込んでしまう見事なハンドリング。

 この見とれるほどのハンドリングをバッティングにも発揮して、低めのボールをはるか向こうまで運んでいく。

 人に出来ないことができるのが「逸材」。その方程式に乗っかれる選手と見ていた。

足元でスイングを見てみると。

 実は、この夏の「独自大会」が始まる前、入江大樹選手のバッティング練習を、「捕手」の位置で目の当たりにする機会に恵まれた。

「流しのブルペンキャッチャー」という気恥ずかしいニックネームで、時のドラフト1位、上位候補のアマチュア投手の全力投球を捕球して記事を書き続け、今年でおよそ20年。

 おかげさまで、快腕、剛腕のボールは200人以上受けさせていただいたが、打者のスイングスピードや強烈なインパクトを体感する方法は……? と、ずっと模索していた。

 今回、ひょんなことから、打者の足元にしゃがんでミットを構え、マスクの目前で火花散るようなインパクトの炸裂感を味わうことができた。

【次ページ】 今のプロ野球にはいない資質。

1 2 3 4 5 NEXT
仙台育英高校
入江大樹

高校野球の前後のコラム

ページトップ