濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

無観客試合は“純度100%”の強さ!
那須川天心、90秒KOの衝撃を解析。
 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by(C)RISE

posted2020/07/13 12:45

無観客試合は“純度100%”の強さ!那須川天心、90秒KOの衝撃を解析。<Number Web> photograph by (C)RISE

デビュー記念日に1ラウンドKO勝利を収めた那須川天心。これで公式戦40勝無敗となる。

無観客試合で出た、強さの本質。

 無観客試合であることも、那須川の闘いに影響を与えたようだ。

 入場時の顔つきは、いつも以上に研ぎ澄まされているように見えた。万単位の観客を煽り、その声援を浴びて輝くのではなく相手を倒すことだけに集中しきったような表情だ。

 本人も「いつもより“入(はい)れた”し、相手の動きがよく見えました」と言う。そこから、隙のない圧勝も生まれた。

「お客さんがいたとしたら、多少は試合ぶりも違うものになってたかもしれないですね。1回2回、ダウン取ったところで大技を狙おうというのが、今日はなかったので」

 観客を魅了する、インパクトを残す。そのことで格闘技というジャンルを引っ張る。

 那須川天心というファイターは強烈なプロ意識の持ち主だ。しかし半年ぶりかつ無観客の試合では、彼がもつ“強さの本質”だけがむき出しになったということだろう。いわば“純度100%”の那須川天心だ。

 事実だけを見れば、今回の試合は「年齢もキャリアも下の相手に順当に勝っただけ」ではある。しかしそういう試合で「さすが那須川」と思える内容と言葉を残してみせた。

 那須川天心は強くなり続けている。そして強さの質が豊かになっている。だから“順当勝ち”をこんなにも楽しめるのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
那須川天心
笠原友希
RISE
ABEMA

格闘技の前後の記事

ページトップ