Number NewsBACK NUMBER

ボーア決勝2ラン、開幕3連戦の借りを返す!
阪神が投手戦を制し、巨人に今季初勝利! 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2020/07/09 20:50

ボーア決勝2ラン、開幕3連戦の借りを返す!阪神が投手戦を制し、巨人に今季初勝利!<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

阪神・ボーア[撮影別日]

<7月9日 セ・リーグ>
阪神 2-1 巨人

巨 0 0 0 0 0 0 0 0 1 : 1
阪 0 0 0 0 0 0 2 0 × : 2

 勝:岩崎優 1勝1敗

 S:藤川球児    1敗2S

 負:メルセデス 2敗

 2日間連続で雨天延期となっていた甲子園での阪神vs.巨人戦。先発はともに外国人助っ人左腕がマウンドに上がった。

 前回の登板で中盤以降の制球に課題を残した巨人・メルセデスは、この日も序盤から三振の山を築き、ホームで勢いに乗りたい阪神打線を抑え込んでいく。一方、ここまで2敗のガルシアは味方のエラーがありながらも危なげないピッチングを披露。互いに譲り合わず、投手戦の様相を呈した。

 ようやく試合が動いたのは7回裏。阪神4番・大山悠輔が出塁すると、ここまで1人で投げてきたメルセデスを捉えたのは、5番・ボーア。開幕3連戦で手玉に取られた借りを返す強烈な1発で大きな2点のリードを奪った。

 9回のマウンドに上がった守護神・藤川球児は、巨人に1点を許すもリードを守り切った。負傷した主将・坂本勇人の欠場が響いた巨人は、ガルシアらを前に8回まで1回表に放った1安打に抑えられ、最後まで勝機を見出せなかった。明日はそのまま関西に残り、神戸でヤクルトと対戦。阪神は引き続き甲子園に残り、DeNAを迎え入れる。

関連コラム

阪神タイガース
読売ジャイアンツ

ページトップ