Number NewsBACK NUMBER

菅野智之ノーヒットノーラン逃すも、完封!
坂本勇人は4試合ぶりのヒット&決勝ホームラン! 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2020/07/03 21:00

菅野智之ノーヒットノーラン逃すも、完封!坂本勇人は4試合ぶりのヒット&決勝ホームラン!<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

巨人・菅野智之[撮影別日]

<7月3日 セ・リーグ>
巨人 5-0 中日

中  0 0 0 0 0 0 0 0 0 : 0
巨  0 0 0 0 0 1 1 3 × : 0

 勝:菅野智之 2勝

 負:大野雄大 2敗

 巨人-中日の今季初対決は互いに開幕投手を務めた同士の投げ合いとなった。前回の登板では悔しいKOとなった巨人・菅野智之は、序盤からコースを丁寧につく配球でスコアボードにゼロを並べていく。対する中日左腕・大野雄大は初回のピンチをしのぎ切ると、その後は三振の山を築き、好調・巨人打線を5回までわずか1安打に封じ込んだ。

 緊迫した投手戦のなか、試合が動いたのは6回裏。この日の1打席目で4試合ぶりのヒットを記録した巨人・坂本勇人が、フルカウントから大野がインコースに投じた変化球を逃さず、すくい上げるようにレフトスタンドへ叩きこんだ。

 キャプテンのひと振りで流れを変えた巨人は、7回に1点、8回に代打・北村拓己のタイムリーなどで3点を加え、ミスも出た中日を突き放した。

 菅野はノーヒットノーランこそ逃したが、9回122球を投げ抜き、被安打1、11奪三振の好投で今季2勝目。チームとしても今季初となる「完投勝利」となった。

関連コラム

読売ジャイアンツ
中日ドラゴンズ

ページトップ