オリンピック4位という人生BACK NUMBER

<オリンピック4位という人生(12)>
北京五輪 女子卓球・福岡春菜 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2020/07/05 09:00

<オリンピック4位という人生(12)>北京五輪 女子卓球・福岡春菜<Number Web> photograph by AFLO

韓国との3位決定戦、2連敗で追い込まれた3戦目のダブルスを平野早矢香(右)と戦った福岡春菜。

北京の記憶に砂をかけ続けていた。

 その後も愛ちゃんや平野とは顔を合わせた。これまで通りに食事をし、カラオケに行き、他愛ないことで笑いあった。ただ北京のことは決して口にしなかった。

「私が戦犯なんだ。ごめんなさい。そういう気持ちもあって……、私は北京の記憶に砂をかけて隠し続けてきたんです」

 ただ砂をかければかけるほど、あの瞬間の傷は乾くことなく、じくじくと福岡の心を侵蝕していった。

 それがあらわになったのは4年後。あの歴史的な日だった。

 ロンドンの舞台に福岡はいなかった。

 アリーナに立ったのは愛ちゃんと平野、そして19歳の新鋭・石川佳純だった。

 すでに代表から外れていた福岡は、彼女たちのプレーを直視できなかった。

「見たくなかった。早く負ければいいのに。正直、そう思っていました」

 内心ではわかっていた。おそらく今回はメダルを取るだろう。断片的に伝わるプレーや表情、雰囲気を見ればわかった。それが余計に福岡の心をくしゃくしゃにした。

メダルをかけた準決勝、ホテルの一室。

 だが、まさにメダルをかけた準決勝、シンガポール戦の日。福岡は胸に啓示のようなものを感じた。

「これは見ないといけない。見ないと一生後悔すると思ったんです」

 仕事で投宿していた東京のホテルの一室。ひとり、テレビ画面の前に正座した。

 福岡の眼前で、あの日を裏返したようなゲームが繰り広げられた。

 眉間にシワを刻んだ23歳の愛ちゃんが一球ごとに叫ぶ。石川が踊るようにステップを踏む。ダブルスで石川と組んだ平野は笑みすら浮かべて冷静に球をさばく。

 そして最後の1ポイントを奪った瞬間、誰もが泣き崩れていた。愛ちゃんが両手で顔を覆って激しく肩を震わせていた。

 しんとしたホテルの一室。気づけば福岡の頬を熱いものがつたっていた。

「ああ、良かったなあって……。北京を引きずっていたのは私だけじゃなかった。みんな4年間、同じ気持ちだったんだ。私はみんなにメダルを取って欲しかったんだなあって、ようやく気づけたんです」

 日本卓球初のメダルを伝える実況の声が部屋に響いていた。その中で福岡はしばらく、自分の心と向き合った。

 すると、部屋の片隅にあった携帯電話がメッセージの到着を知らせた。

 愛ちゃんからだった。

【次ページ】 「メダルを取れたのは春ちゃんの……」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
福岡春菜
福原愛
平野早矢香
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

卓球の前後の記事

ページトップ